家の中に閉じこもる

3月20日(金)・快晴/最高気温15度

7時起床。家の中から見る限りは素晴らしい天気であるのだが、今日もほとんど家の中で窓を閉め切って過ごした。

午前10時頃にブリギッテに頼まれていた用事で近所の家まで歩いたが、5分も歩かないうちに花粉症の症状が出てくる。様子次第で少し歩こうかなと思ったがすぐに帰宅した。

なんと表現したらいいのか分からないが身体のまわりをザラザラした攻撃的な感触の空気が取り巻いている感じがする。

昼食は昨夜、半分に分けておいた料理を温めて食べる。同じものが続いたからかあまりおいしいとは感じなかった。

そのあとタイマーを掛けずにベッドに入ったが40分ほどで眼が覚めてしまった。

午後はひたすら電子書籍を読み続ける。陽光の入ってくる窓際でポカポカとした空気の中、本を読むのは快適なのだが閉じ込められていると感じてしまい気分が悪い。

夕食はキャベツを消化しなくてはならないので簡単なものを作って用意しておいた。

キャベツと卵の簡単野菜炒め

ここでも醤油の代わりにめんつゆ(2倍濃縮)を使っておいしく出来た。お腹を空かして帰宅したブリギッテはそれをペロリと平らげる。彼女は明日明後日と続く週末が嬉しそう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です