父の日

5月14日(木)・曇りときどき小雨/最高気温17度

7時起床。今日は Christi Himmelfahrt (キリスト昇天の日)という祝日で「父の日」でもある。しかしわが家はごく普通の祝日である。

母の日にはわたしの「君はわたしの母ではない」というわたしの台詞のお返しで「あなたはわたしのお父さんではありません」というわけ。3人の娘たちからは「父の日、おめでとう!」という電話が入る、それだけである。実際、それでいいのだとわたしは思う。こういうとってつけたような名前は好きではない。

昨夜はけっこうな雨が降ったらしい。目覚めた頃には止んでいたけれど朝食のあと雨が降りそうなお天気だったので傘を持ってウォーキングに出掛ける。途中で2度ほどパラパラと雨が降ってきたので傘を持っていったのは正解だった。9361歩・78分を歩いて帰宅。それほど疲れを感じなかった。

ブリギッテが義母宅へ行っている間にわたしはシャワーを浴びて1時間の昼寝。わたしが目を覚ましたのと彼女が帰宅したのはほとんど同じ時間だった。
そのあと彼女が焼いた Rhabarber Kuchen(蕗によく似たもので作ったケーキー)を食べる。これはけっこうおいしかった。

午後は溜まっていた洗濯物のアイロン掛け。始めはけっこう多いなと思ったのだがそれほどの量ではなかった。

夕食はブリギッテが牛のヒレ肉をステーキにしてわが家の庭で採れた生野菜サラダ、そして赤ワイン。

ブリギッテは明日出勤するとまた土曜日、日曜日の休みだからなんだか気楽そう。その気持ちは分からないでもない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です