ユリアが彼と帰省

7月24日(金)・晴れ/最高気温29度

7時起床。また30度近くの日が戻ってきた。暑いけれどやはり夏はこの方が良い。ブリギッテもすっかり元気になったようで安心。

朝食のあと8時40分頃に家を出てウォーキング。今日も同じコースを歩いたが調子が良く11536歩・98分と時間的には速かった。

帰宅してから庭の草花に水やりをしたあとでシャワーを浴びる。

ほとんど元通りの状態まで回復したブリギッテは食料品などの買い物に行きたいと言う。彼女は今日の夕方6時までは病欠なので「買い物姿を誰かに見とがめられたら困るんじゃないの?」と問うと「病欠中でも食料品を買うのは生きるためなので問題ない」のだそうだ。それはわたしは知らなかった。

しかし一人で車を運転しての買い物はまだ体力に自信が無いから運転手役でついてきてくれというわけ。スーパーマーケットに行く前にガソリンスタンドに立ち寄って満タンにした。今日のガソリンの値段は1.399€/l

買い物はまず ALDI から始まった。そこに無い物を筋向かいにある EDEKA で買いそろえる。カートを押しながらそれに付き合ったのだが、わたしはこれでガックリと疲れてしまった。スーパーマーケットでの買い物は本当に嫌。

帰宅して昼食を食べてからわたしは1時間の昼寝。ブリギッテは今夜訪れるユリアと彼のために夕食の準備をしていたようだ。

若い二人は暑い盛りの午後5時頃に到着。

ブリギッテが作ったローストビーフとサラダ、そしてデザートの夕食をテラスでとる。今日も気温が高い夏の日だったから虫が多くて参った。わたしは半ズボンのままだったから数箇所を蚊に喰われたようだ。22時半頃のお開き。

2 thoughts on “ユリアが彼と帰省

  1. テラスで夕食、蚊はすくないのですか?苦痛になるほどの被害はないのですか?夜玄関から客を見送る間にもあちこち蚊に襲撃されるのですよ。痛痒くて苦痛ですが。

    • 真夏でも普通は蚊に悩まされることは無いのですが、気温が30度を超えるとやはり蚊の存在を意識させられます。(^_^;)
      わたしも日本の夏で蚊に喰われたことを思い出します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です