浴室のリフォーム、これが最後?

1月22日(金)・晴れ/最高気温マイナス2度

6時半起床。月曜日に続いて今日も浴室の工事人2人が来た。月曜日でようやくすべてが終わったと思いきや、その日の夕方に帰宅したブリギッテが不具合を指摘。鏡と水道栓の下の引き出しの位置の線が揃っていないという。線は一致させなくてはならないと最初に言ったのは施工会社の方だからブリギッテがクレームを付けたわけではない。

IMG_0979

わたしはそれに気がつかなかったが、言われて見ればズレている。これから何年にもわたって使うものだから気になりだしたら気分が悪い。それを直しにまた工事人が来たというわけ。

今朝の寒さで工事人の車のエンジンが始動しなくて1時間ほど遅れて到着したが2時間くらいで作業は終了。これでようやく完成だろうか。

昼食には余ったご飯を炒飯にして食べる。そのあと1時間の昼寝をしたあとウォーキング。

気温は氷点下だったけれど太陽が出ていて気持ちの良いウォーキングだった。

夕食は朝ブリギッテが子牛のレバーを冷蔵庫の中に入れていって、彼女が帰宅してから自分で焼くということだった。わたしは付け合わせのほうれん草を茹で、ジャガイモの皮をむいておく。

彼女は定時の帰宅。週末ということで嬉しそうなホッとした表情。すぐに夕食の支度に取りかかる。ジャガイモを塩茹でし、茹でてあったほうれん草をバター炒めにする。

子牛のレバーはフライパンで焼いただけだが、これぞレバーの味という感じでおいしかった。材料が良いものならば料理は変に凝らない方が良い。

2 thoughts on “浴室のリフォーム、これが最後?

  1. 我が家も浴室のリフォームをしたいのですが、先立つものがありません。美しく仕上がって羨ましいです!ちゃんとチェックを入れて直してもらえてよかったですね。奥様さすがです。それにしても、仕事から帰ったらおいしい子牛のレバーのステーキときちんとした付け合せがでてくる生活って。。。奥様が羨ましい!!

    • これが老後を考えての最後のビッグイベントです。(多分)

      わたしが現役で働いているときには彼女が良くやってくれましたから、持ちつ持たれつです。
      外で仕事をしている人が家庭の中では一番偉いと思ってます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です