快晴の市内を歩いた

2月15日(水)・快晴/最高気温13度

7時起床。
いつもより遅い起床。朝食のあとブリギッテは Grünwald で行われている体操教室へ出掛けて行った。退職してからの彼女はやりたいことがいっぱいあって、現在は何をすべきか模索している状態。じっとしていられない性格だからどうしてもそうなる。

初参加の体操教室はかなり気に入ったようで週に2回ほど通ってみるそうだ。

彼女の帰宅を待ってわたしは街へ出掛けた。先日、試しに買って飲んだ赤ワインが値段の安い割においしかったのでそれを注文しに。ついでに日本酒(ほとんど料理に使う)、インスタントラーメン、うどん、納豆、などを MIKADO で購入し帰宅する。

途中 Viktualienmarkt を横切って歩いたのだが、折りからの太陽の光を浴びてビアガルテンは人が一杯。見ていて気持ちの良い光景だった。

IMG 4146

帰宅するとブリギッテは庭仕事をしている。そして窓ガラスを拭き始めた。それが終わり、冬の間に溜まっていた落ち葉などを片づけたテラスに座って午後のコーヒーをいただく。

夕方から彼女は友人の誕生パーティによばれて出掛けて行った。その前に義母宅に立ち寄ったりして、今日の彼女は休み無しに動いている。

今日は昼寝をしなかったのでわたしは早寝しようと思う。

快晴の市内を歩いた” への2件のコメント

  1. ブリギッテさんも退職されて、しばらくは試行錯誤の日々を過ごされるの
    でしょうね。あまり張り切りすぎて体調をくずされないよう。

     私は、相変わらずの躁鬱なんで、イベントに出かけては寝込む→復活する
    →声楽のレッスンに出かける→寝込む、と規則正しくローテーションして
    おります。それでも出かけられるだけ随分よくなりました。

    • ブリギッテの日々の過ごし方もそのうちに落ち着いてくることと思います。私はただそのつどブレーキを掛けるだけ。(^_^;)
      良いときは良いときで、体調の悪いときはそれなりに生活のリズムが固まってくるといいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です