孫のお守りに Regensburg を往復

2017年8月2日(水)・晴れ/最高気温32度

5時40分起床。

ブリギッテは今朝、新しい介護婦さんを空港まで迎えに行かなくてはならないのでわたしが Regensburg に孫の子守に行ってきた。出来るだけ早い時間の列車(7:26)に乗ろうと早起き。

しかしミュンヘン中央駅に着いてみると、昨夜の嵐で木が線路に落ちたとかで列車のダイヤはかなりの混乱。説明するのも複雑な紆余曲折があって Regensburg に着いたのは予定していたよりも1時間以上遅れた午前10時15分。

今日は午前中の涼しいうちにヨハナを散歩に連れ出そうと計画していたのだが、わたしが到着したときには授乳を終わって寝入ったばかり。わたしも早起きで眠かったから居間のソファの上で1時間ほど眠った。

昼食がてらユリアと乳母車に乗せたヨハナの3人で駅前通りに出たときにはかなりの暑さ。 Döner Kebab を買って公園の日陰で食べてからユリアは帰っていった。

その後わたしはヨハナを乳母車に乗せてしばらく散歩をすると彼女はすぐに寝入ってしまった。1時間ほどで目が覚めたヨハナは機嫌よく乳母車の中で遊んでいたがそのうちにぐずり出したので帰宅。お腹が空いていたようだった。

ユリアが自宅勤務をしているあいだ1時間ほど床に横たわったヨハナと遊んだあと17時46分発の列車に乗るべくユリア宅を出る。しかしこの時間になってもまだダイヤの混乱は続いていた。列車は50分遅れて出発。ミュンヘン着は20時10分。

Tram との連絡も悪くてわが家に帰宅したのは21時。すぐにシャワーを浴びてブリギッテが用意していてくれたパスタ料理を食べる。子守自体はなんということもなかったけれど、ドイツ・バーン(DB)に振り回されて大いに疲れた。

2 thoughts on “孫のお守りに Regensburg を往復

  1. コチラは孫の面倒もひと段落して、小学1年男子2名と
    幼稚園女児1名と少し楽になりましたがもう少し助けが
    必要なので気は抜けません。お疲れさまです・・。

    • 現在はほとんどの両親が共働きでしょうから、爺ちゃん、婆ちゃんはできる限りは助けてあげなくてはなりませんね。
      まあ、助けてあげられるのもある種の満足感があります。(^_^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です