素晴らしい春の日もコロナが邪魔をする

2020年3月15日(日)・快晴/最高気温14度

7時半起床。

これでコロナヴィールス騒ぎがなかったら、本当に素晴らしい春の一日だったのに。朝から気持ちよく晴れて、きれいな青い空は陽が沈むまで変わらなかった。

せっかくの気持ちの良い1日だったが用心してわたしは外出を控え、家の中に閉じこもる。

しかし2時過ぎにやはりちょっと散歩をしたくなった。こんなに素晴らしい1日なのに勿体ない。花粉症が心配で30分ほどしか歩かなかったけれどそれでも気持ちが良かった。

夕方5時に旅行から戻るブリギッテを中央駅まで迎えに行く。彼女は長い列車の旅に疲れたらしい。

夕食はわたしが鮭の切り身をムニエル風に料理して大根おろしを添えた。味噌汁と白いご飯での日本風夕食である。おいしかった。

食後はブリギッテがお土産にと持ち帰ったフランケンワイン(赤)を開けて楽しむ。しかしフランケンワインはやはり白が好き。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です