Englischergarten を突っ切って街中へ

2021年3月8日(月)・晴れ/最高気温6度

7時起床。

少しだけ早起きして気持ちよく洗髪。ここ数日は曇り空だったが今日はよく晴れている。また街中へ出掛けて行きたくなった。

先日ブリギッテがバスで Englischergarten を突っ切って Schwabing にいった話をしてくれたので、今日は自分で経験してみる。

Ostfriedhof まで Tram で出掛けそこで68番のバスに乗り換える。経路は Ostbahnhof の前を通り過ぎてから Bogenhausen の家並みの中を走りイザール川を渡り Englischergarten に入る。ChinesischerTurm を左手に見て Leopoldstr. にぶつかる。とても気持ちの良い30分ほどの道程だった。バスはほとんどガラガラで、今の時期 COVID-19 の伝染に気をつけている身としてはありがたい。

Schwabing に入ってからは例のごとく街並みを見ながらゆっくりと歩く。ちょうどお昼どきだったので、テークアウトを利用している人々が目につく。

わたしもお腹が空いてきたので Königsplatz にほど近いところにある中華料理店「FUYUAN 福源酒家」に立ち寄る。ここでもテークアウトが盛んで、わたしが入ったときには日本人のお客が5人ほど出来上がりを待っていた。

そこで昼の定食メニューである焼きそばを購入し、Königsplatz の空いていたベンチに座り、太陽の光を浴びながらおいしく食べる。思ったよりも量が多くてお腹が一杯になった。

そのあと地下鉄の U2 に乗って帰宅の途につく。途中の Zöttel で Klapfen を二つ買って帰る。最近ではこのお店の Klapfen が一番おいしいと思う。

お腹も一杯だし、よく歩いた(8000歩以上)ので、それからの昼寝はとても気持ちの良いものだった。

18時過ぎになって「たそがれビール」を楽しみ、今日は夕食を抜く。下の写真はブリギッテが買ってきてくれた、わたしにとっての初銘柄。

IMG 6278

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です