山形に親友を訪ねる

日曜日・晴れ / 最高気温32度

7時20分起床。姉の家での起床。夜中は冷房も要らないほどに快適な気温だったけれど7時頃からまた暑くなってきた。シャワーを浴びたあと姉の作ってくれた朝食を食べる。

10時13分発の電車に間に合うよう、車で駅まで送ってもらう。仙台までは約25分ほどの距離。仙台駅に着いてから今度は仙山線という列車に乗って山間の鉄路を一路山形へと向かう。両側から迫る緑の中をゆったりと進むこの行程はなかなか楽しかった。あとで友人が話してくれたところでは、この線は1年に二つの原因で不通になることがあるという。一つは大雪が降ったとき、そしてもうひとつは落ち葉の季節だそうだ。今日、走ってみてそれは実感出来た。

13時少し前に山形駅到着。芸大時代の親友が迎えてくれた。わたしの荷物を1度駅前のホテル(ルート・イン山形)に預けたあと彼の車でおすすめのソバ屋へ。山形は蕎麦でも有名なところらしい。ここで昼食を食べたあと、彼は「山寺」まで案内してくれた。ここも風光明媚なところで紅葉の頃はさぞかし素晴らしいだろう。

ホテルに送ってもらったあと彼は仕事があるとかで、大学へ戻っていった。わたしはそれから汗を流し、メールチェックをしたりして過ごす。このホテルには最上階にラジウムイオン鉱泉大浴場があるのでそこにゆったりと浸かった。

21時半に仕事の終わった友人夫妻と待ち合わせをして、山形駅前のすぐ前にあるタワービル24階で食事。現在、友人たちは「フィガロの結婚」の舞台稽古に忙しいということで、今夜はそれに係わっている指揮者と演出家も同席して5人での会食だった。23時頃のお開き。ここは駅の裏側に当たるので夜はちょっと寂しい感じ。

8 thoughts on “山形に親友を訪ねる

  1. >仙山線という列車に乗って山間の鉄路を一路山形へ

    30数年前の学生時代、仙山線に乗って仙台から山形に抜けたことがあります。山越えの単線で秘境臭もあったし、景色も素晴らしく楽しかったですね。
    途中下車して山寺を訪ねましたが、3月初めだったと思うんですが、宮城側とは打って変わって春先の湿っぽい雪が大変深く、若くても結構苦労して登りました。でも雪深く人気の少ない山寺は素晴らしく、芭蕉に憧れていたので感激でしたが。
    5年前の帰国時に東北を訪ねたとき、数十年ぶりに再び仙台-山形間を乗りましたが、時間がなく残念ながら山寺には寄れませんでした。山形の蕎麦は旨かったですね。

    ドイツだかスイスの山が見える冬の平地をひた走る列車に乗ってて、隣の車両に行ったら何とお座敷列車になっており、修道院への巡礼団に引き込まれて下車させられ、気が付いたら何故か雪の山寺を登らされているというヘンテコな夢を見たことがあります。どういう意味か考えてしまいました(笑)。

    • 夏の山寺は結構下車する人が多かったです。紅葉の時期に一度訪れてみたいとは思いますが、確実に観光客は多いでしょうね。
      友人は「繋ぎの入っていないそば粉100%の店もあるけれど、好き嫌いがあるから今日は案内しない」と言ってました。次回はこれも試してみたいです。

      これは Verdiano さんにしか見ることの出来ない夢ですね。いろいろな心的要素が込められているようで分析したら面白そう。(笑)

  2. あれー、私もその日昼過ぎに山形に居ましたよ。そして山寺観光も。ニアミスでびっくりです。

  3. 私も写真の時刻を、と思って見たら、何をトチ狂ったのか、私が山寺に行ったのは8月末のことでした。なんたること!

  4. >繋ぎの入っていないそば粉100%

    1回食うぶんには目先が変わるせいもあるのかそれなりに旨いんですが、二度食べたいとはあまり思わないというのが私の感想でした。

    ぜひお試しください。

    • そうなんですね。友人も自分で食べてみてその辺のことを知っているのでしょう。
      でも、一度は経験してみたいものです。(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です