東京 → 出雲へ

11月25日(月)・曇りときどき小雨/最高気温10度

5時起床。昨夜は姉夫婦に中華料理をご馳走になり紹興酒を少し飲み過ぎた。藤沢で会食したのだが帰りの電車の中では乗り過ごさないように眠気と戦っていた。それで荷物をまとめることもせずにベッドに入って爆睡してしまったから、今朝はその分早起きをしなくてはならなかった。それでもグッスリと眠れたから体調は良好。

8:40品川駅発のひかり505号に乗り新大阪駅に11:26着。新大阪駅を11:59に出て12:49岡山着。そこから13:05発の「やくも13号」に乗り換えて16:10に出雲市着という予定だったのだが安木あたりから強風のために徐行運転となって到着は30分ほど遅れた。

岡山を出発する頃には低気圧の影響で雨模様。約一時間ほど走った「新見」という駅を過ぎてからようやく陽が差してきた。山あいの川に平行して走る「やくも13号」からは沿線の山々の紅葉が見える。この辺の紅葉は1週間前ぐらいが見頃だったのではないだろうか。今日はちょっと赤い色がくすんで見えた。

出雲市駅に着くとそこはかなりの強風。駅に近いホテルがインターネットでは見つからず今回泊まるホテルは歩いて20分ほどのところにある。距離的にはたいしたことはないのだが強い風には参った。明日はこの風が納まってくれるといいのだが。

部屋はあいにく禁煙室が取れなくて入った時にはかなりたばこ臭かったが、部屋にあった消臭剤のスプレーを撒いたりしてなんとか我慢出来る程度になった。

夕食はホテル近くのラーメン屋でラーメン+餃子を食べる。知らない土地ではこれが一番当たり外れがない。安いし。(^_^)

自室に戻って明日の計画を練る。出雲大社を参拝してその周りを見て歩いても半日で済んでしまいそうな感じがする。そうしたら松江まで足を伸ばしてこようかとも考えたり。とにかく明日の天気次第だ。

4 thoughts on “東京 → 出雲へ

  1. 神出鬼没の旅のようでキャッチするのが大変ですが
    倉敷では線路に近いので伯備線ではとんだニアミスですね(^_^;。

    松江もマッタリとして悪くないですよ。
    それにお蕎麦もおいしいし(^_^)。

    • 昨日はホームへのお出迎えありがとうございました。
      乗車口の予想が外れてしまって言葉を交わせなかったのは残念でしたがリハビリも順調のようで力強く感じました。
      差し入れの栗もシットリとして上品な甘さで車中を楽しませてくれました。ありがとうございます。
      次回にはきっとゆっくりとお話し出来ますね。それまで焦らずに頑張って下さい。

  2. ほんとに神出鬼没ですね(笑)。

    昔鉄道少年だった頃、東京から京都経由で山陰線に入るブルートレインの寝台列車「出雲」は遠く夢を運んでくれる憧れの的で、川崎や横浜のホームから見送ったものでしたが、出雲行きは山陽新幹線開通後は岡山経由が主流になりましたね。
    中国山地横断も楽しそうでけど。

    「出雲」にはついに乗れず、私は山陰さえ足を踏み入れたことがありません。楽しみが残ってると思うことにします。

    • 山陰地方はわたしも初めてですが空気自体がシットリとしていて柔らかな印象を受けました。
      また来たいと思います。(^_^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です