バイエルン放送交響楽団の定期公演 4/8 を聴いた

今夜は久しぶりで Bernard Haitink の指揮。プログラムはベートーベン。

スクリーンショット 2019 02 21 10 52 52

彼は気管支炎に掛かり、まだ充分に回復していないという医師の診断で前半のプログラムは若い指揮者が振った。この曲はわたしはまだ歌ったことがないし、ライブで聴くのもはじめて。新鮮だった。

2019年02月21日22時24分33秒

ハイティンクが振ったベートーベンの第九は淡々と進んで、わたしにはちょっと起伏に乏しいように感じた。バリトンソロは秀逸。Nationaltheater で歌ったイヤーゴも素晴らしい歌唱だったし、今が旬の歌手なのかもしれない。

2 thoughts on “バイエルン放送交響楽団の定期公演 4/8 を聴いた

  1. Gerald Finleyも今見たらもう59歳になるんですね。
    アルトのロンベルガーさん、僕はミュンスターに住んでいたころ、ヴェルディのレクイエムを聴いたことがありますが、当時は主婦でその傍らデットモルトで教えるといった感じの人だったので、今のように有名になるとは思いませんでした。教授になってから歌手としても有名になったようです。

    マエストロ、もう90歳になるんですね。

    • 59歳とはとても見えませんでした。柔らかなバリトンでわたしは好きです。Thomas Allen がこんな感じだったかなぁと思いました。マエストロはこのあと一年間の Sabbatical(プログラム冊子にはそう書いてありました) (^_^) を取るそうです。そのあとも元気で活躍して欲しいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です