墓参り

2020年10月31日(土)・晴れ/最高気温17度

7時起床。

素晴らしいお天気の一日。朝食のあとブリギッテがお墓参りに一緒に行こうと言う。明日は Allerheiligen という祝日で日本で言う「お彼岸の中日」のようなもの。多くの人が墓参りに行くので混むから今日のうちにお墓の掃除をしておきたいらしい。

午前中から素晴らしいお天気なので散歩がてらわたしも同行することにする。お墓は管理会社と契約してあるのできちんとしていたが落ち葉が重なっていたのを取り払う。そのあと一時間ほど墓地内を気持ちの良い散歩。

帰路、日本食料品を買うために「美門」に立ち寄る。そこでラーメン、柿ピー、納豆、味噌、等を買う。そのあとで Mariahilfspltaz で土曜日に開かれている市で野菜類を買って帰る。

午後は眠気と戦って、本を読んだり You Tube を見たりしていた。なんだか昼寝をするのが勿体ない気がしたのである。

夕方18時から久しぶりにサッカーのダイジェスト番組 Sportschau を観始める。今日はかろうじて観客が入っていたが、来週からはまた無観客試合になるそうだ。

20時からのニュースではまたまたコロナ感染者が増えていることを伝えている。来週には2万人超えになるのは確実。

IMG 4923

そして驚いたのはショーン・コネリーが90歳で亡くなったというニュース。007シリーズはほとんど観ているが、何といっても彼のジェームス・ボンドが一番好きだった。

IMG 4926

墓参り」への2件のフィードバック

  1.  篠の風さん,こんにちは。

     ショーン・コネリー氏の死去,このブログで知りました。
    ボンド役はもちろんですが,それを卒業してからの活躍がまた素晴ら
    しかったと思います。
    007以外でも,「マーニー」,「風とライオン」・・・,名作があ
    げたら切りがないですね。

    現在,日本ではBSで「007」シリーズの連続放送が進行中です。
    私も,ショーン・コネリーのボンドが一番好きです。これは,吹き
    替えの若山弦蔵氏の声も含めて,ということですが。

    さて,少し前,「007 ロシアより愛をこめて」を見たのですが,
    ソビエト情報局のクレッブ大佐役がロッテ・レーニャ(クルト・ワイ
    ル夫人)だと気づき,びっくりしました。
    これまでは,ボンドガールのダニエラ・ビアンキにばかり目がいって
    たのですね,おそらく。
    ロッテ・レーニャ,悪辣なクレッブ大佐を良く演じてました。

    • 日本の BS でいま、007 シリーズの放映が進行中という偶然、不思議ですね。昨夜は23時過ぎに過去に撮られたショーン・コネリーのドキュメント(NDR) が放送されたのですが眠くて起きていられませんでした。今朝になって Mediathek で観ました。15分間の簡潔な者でしたが興味深かったです。若いときに胸をときめかせて観た俳優達がだんだん亡くなっていくのは寂しいです。彼の眼力(めじから)は素晴らしい!「風とライオン」はまだ観ていないので捜してみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です