« "Lucrezia Borgia" の二回目 | Main | ヴェトナム料理を楽しむ »

2009年09月25日

一泊だけだけど "PABLO" が来訪

金曜日・曇りのち晴れ / 外気温20度
金曜日・朝のうちは曇っていたのだが、ちょうどオクトーバー・フェストに人が集まり出す時間になって明るくなってきた。今年のオクトーバー・フェストは当てたな。(^_^) 夜は二回目の "Lucrezia Borgia" 。

10時からの音楽稽古があって、わたしはその間に "L'elisir d'amore" ー「愛の妙薬」の衣装合わせがあった。大体、衣装を見るとそのオペラがどんな演出になるのかが分かるものだが、わたしは農夫の日常着と、農夫にしてはフォーマルな衣装の二つ。どうやら演出は伝統的な演出からそう離れることはなさそうである。30分ほどで終了してそのあとプローベに参加する。

11時半に終了してまっすぐ帰宅。途中、昨日、不在で受け取れなかった郵便物を取るために途中下車。郵便局ではなく自動販売機のような機械。不在通知に記されたバーコードをスキャンさせて画面に指でサインするとロッカーの蓋が開く。確か以前に一度利用した記憶がある。

帰宅してから昼食。冷蔵庫に残っていた鱒料理を温めて食べたが、少し時間がたっているので心配だったから、毒消しに大きな梅干しを同時に食べておいた。(^_^;) そのあと iPod Touch と MacBook Pro 15(Mid 2009)の同期をやり直して少し時間を取られた。2時半頃から一時間の午睡

一晩だけだが犬の "PABLO" がまた泊まりに来るので、夕方の劇場行きはSMARTでブリギッテの職場まで走る。オペラから帰宅すると "PABLO" が真っ先に迎えてくれた。くるりと仰向けになって腹をむき出しにして、撫でてくれと催促する。わたしは犬好きではないのだが、こんな仕草をされると情にほだされる。(笑)

"Lucrezia Borgia" のある場面で修理工の衣装で登場するところがあるのだが、工具入れの中には本物のパンが入っている。これがしっかりとしたドイツのパンでサラミが挟まっていてけっこう食べ応えがあるのだ。というわけでこのオペラがあった夜は帰宅しても全く食欲がない。今夜もブリギッテが食事を用意してくれていたのだが、生野菜サラダだけを食べて満足。明日、明後日と仕事がないのでまさしく週末を迎えた心境。