今日も一日在宅

2018年12月12日(水)・曇り一時雪/最高気温1度

7時45分起床。

夜中にまた雪が降ったらしく庭を見ると5cmほどの深さになっている。しかし車の通る道路とその傍の歩道はは普段と全く同じ。

水曜日なのでいつも通りにブリギッテは Regensburg へ。今日は雪のための列車遅延を警戒してひと列車早いものに乗るつもりで出掛けた。しかしそれは杞憂だったようで定刻通りに Regensburg に着いたという知らせがあった。

わたしは一度外へ出掛けただけで夕方までゆったりと過ごす。

ブリギッテは21時頃に帰宅。帰りの列車も遅れはなかったらしい。

雪の一日

2018年12月11日(火)・雪、時々曇り/最高気温2度

7時45分起床。

朝8時に家を出るというブリギッテに付き合って早起きするつもりが、そんな日に限って少し寝過ごした。それでもいつも通りに朝食を食べて送り出す。

今日は一日中雪が降ったり止んだりで、ときおり青空が顔を覗かせることはあっても寒い一日だったから家から一歩も外へは出なかった。

午後、ブリギッテの姪(亡くなった弟の娘)が来訪。死んだ義母の家系の後始末らしいので、わたしはそのあいだ昼寝。

夕食は「ムール貝のワイン蒸し」とバゲット。

IMG 9751

映画「マネー・モンスター」を観る

2018年12月10日(月)・曇り/最高気温3度

6時半起床。

昨夜は22時頃にもう就寝していたので、今朝は6時前に眼が覚めてしまった。6時半頃に起きてゆっくりとシャワーを浴び洗髪してスッキリする。

10時頃ブリギッテは約束があって外出。わたしは一昨日に続いてレンタル映画「マネー・モンスター」を観た。始まってすぐに一度観たことがあるのを思い出す。しかしジュリア・ロバーツが主演の1人なのでそのまま最後まで観続けた。二度目であるにもかかわらず楽しめた。

過去のブログを振り返ってみたら、今年の2月3日に観ていた。^^;

一日に映画・三本を観た |  Mein dritter Blog

それを観終わってから Tram で Rosenheimerplatz まで出掛け、久しぶりに Döner Kebab を食べる。外気は湿っていてかなり冷たい。食べたあとはどこへも立ち寄らずにすぐに帰宅。

夕方からブリギッテは整体体操へ。わたしは読みかけの電子書籍を読み続ける。お昼に Döner Kebab を食べたので夜になっても空腹を感じない。

ブリギッテが帰宅

2018年12月9日(日)・小雨/最高気温7度

8時起床。

夜中にかなり強い風が吹いていたようだった。

数年前から日曜日には特別気分を味わうため Semmeln (丸いパン)を配達して貰うことにしている。前の晩にアパートの玄関横にプラスチックのバケツを置いておくと、配達人がそこに入れていってくれる。

しかし今朝はそのバケツが消えていた。風で飛ばされたかとその辺を見て回ったが見つからない。配達された Semmeln はビニール袋に入れて郵便箱に引っ掛けてあった。不思議なこともあるものだ。

その他は一日中家に閉じこもる。外は小雨、風、寒い、ということで出ていく気にもなれなかった。

夕方17時頃にブリギッテが Darmstadt から帰宅。珍しく DB は遅れなかったらしい。懸案だった用件も片付いたようでなによりだった。

映画「ボーダーライン」」が???

2018年12月8日(土)・曇りときどき晴れ/最高気温8度

7時半起床。

10時から12時の間にアンナの住んでいるアパートに暖房器具計測人が来るというので彼女の代わりに部屋に詰めていた。アンナは週末の講習会があるというので今日は留守だった。

計測人に聞いたところところ、本来は普通の日に訪れますという張り紙をアパートの玄関に貼っていったのだが、誰かがそれを剥がして捨ててしまったらしい。計測人が来た日にはそれでアパートの中に入れなかったといっていた。

それが11時ぐらいに終わったので帰宅する。外は晴れてはいたが冷たい風が吹いていた。お昼頃から階下に置いてある小さい冷蔵庫の室内灯が切れているのに気がついて街中まで買いに行く。

午後から夕方にかけては You Tube の朗読を聴きながらゆったりと過ごす。

夕食はまたまたスパゲッティ・ペペロンチーノを作る。食べ過ぎないようにキッチリと110グラムを計って茹でた。「茅の舎だし」の野菜だし、が素晴らしい!

夜は iTunes のレンタル映画「ボーダーライン」というのを観る。現実味が感じられなくて面白い映画ではなかった。

週末はひとり

2018年12月7日(金)・曇りときどき晴れ/最高気温14度

6時半起床。

思いがけなくこの時期としては暖かい日となった。朝食のあと、わたしは9時半頃に家を出て GASTEIG へ。来週の金曜日に上映される日本映画の切符を取得するため。

それを済ませたあと ALDI で明日と明後日の朝食に食べるソーセージなどを購入。今日からブリギッテはDarmstadtの妹宅へ行って日曜日まで滞在してくるから週末はわたし1人の生活となる。

ブリギッテに頼まれた用件を片付けて帰宅したのは11時過ぎ。昨夜はよく眠れなかったから急に疲れが出てベッドに横になったが結局眠れなかった。

昼食は残ったカレーを温めて食べたあとウォーキングに出掛ける。この時間帯は晴れて気持ちの良いものだった。太陽を背にして歩いていると自分の影の長さに驚く。

IMG 9735

夜は先日買ってきた「蒲鉾」を板わさにしてビールのつまみとする。そのあとも1人でゆったりと。今夜はよく眠れそうな気がする。

退職者の集まりに出席

2018年12月6日(木)・曇り/最高気温11度

6時半起床。

今朝は6時過ぎに目が覚めてしまった。洗髪をしようと思っていたので6時半頃に起床。ブリギッテが今朝は9時に税務署に用があるというのでちょうど良かった。

いつも通りのペースで朝食を終えたあとブリギッテは外出。わたしはそのあと You Tube の音声データを聴きながらアイロン掛けをする。最近、面白いと思ったのは文化放送の「武田鉄矢の今日の三枚おろし」という番組の録音。

これは武田鉄也が読んだ本を、彼流に面白く噛み砕いた内容なのだが、彼のキャラクターも手伝ってとても面白いものになっている。

今日聴いた中では「なぜ妻は夫のやることなすこと気に入らないのか?」が秀逸だった。うん、うん、と頷いたり、吹き出したりしながらアイロン掛けを終えた。

12時過ぎに帰宅したブリギッテが珍しく昼寝をするというのでわたしも時を同じくしてベッドに潜り込んだ。彼女は側で気持ちよさそうに寝息を立てていたが、わたしは結局眠れなかった。

今日は月の最初の木曜日ということで旧職場のリタイヤ組の集まりがある日。先回は風邪を引いて出席できなかったので二ヶ月ぶりである。今日の出席者は12名。

昔の同僚の1人が知人だと言って、旅行中の日本人を連れてきた。彼達は30年来の知り合いらしく、熱烈な音楽ファンであった。彼と隣り合わせに座っていろいろと昔話をする。

17時過ぎにそこを抜けてわたしは帰宅。ブリギッテは友人2人と毎年恒例のクリスマス市巡りに出掛けて、21時過ぎに帰宅。元気だ!

久しぶりのカレーライス

2018年12月5日(水)・曇り/最高気温6度

8時半起床。

二度寝して気持ちよく眼が覚めたのは8時半近く。その時すでにブリギッテは1人で朝食を終えていた。今日は彼女の友だちが Regensburg に一緒について行きたいというので出発時間が早くなったようだ。

彼女を送り出してからわたしは1人でゆっくりと朝食。隣家の庭に庭師が入っていて伸びすぎた桜の木の枝を落としている。窓越しにそれを見ながらお茶を飲む。聞き覚えたことわざに「桜切るバカ、梅切らぬバカ」というのがあったが・・・。

昨日、カレーを作るつもりで牛肉を買っておいた。ゆっくりと作り始める。使ったカレールーは下のもの。昨年、日本から買ってきたものだ。肉に対してタマネギがけっこう多い。

IMG 9731

作り終わったあとウォーキングに出掛ける。今日もちょうど1時間ほど歩いて帰宅。春になったらもう少し距離を伸ばそうかな。

昨夜の残り物で簡単に昼食をとったあと45分の昼寝。

目覚めたあとは You Tube で朗読を探して聴き始める。探してみるとけっこうあるもので、楽しい。眼の状態がもう少し良くなるまではこのスタイルを続けようかな。

ブリギッテは20時頃に帰宅。カレーをおいしそうに食べていた。

餅米を買ってきた

2018年12月4日(火)・曇りときどき小雨/最高気温10度

8時起床。

今朝になって昨日は昼寝をしなかったことに気がついた。そのせいでよく眠れたのだろう。しかし外出せずに自宅にいると午後には自然と眠くなってくる。そういう時には流れに逆らわないようにしている。

昼近くになって街へ出掛けるというブリギッテと一緒に家を出た。わたしの目的は新年に向けて餅米を購入すること。餅米の他に蒲鉾も購入してきた。 Conrad にも立ち寄り切れていた LED の電球を買ってくる。

午後は40分ほどの昼寝をしたあと、途中で休憩を入れながら電子書籍を読む。今読んでいるのは “Hello World” という短編集でこれがなかなか面白い。

夕食はブリギッテがラムのレバーを買ってあるというので彼女に任せた。マッシュドポテトと薄切りのリンゴ、それに人参サラダという献立。レバーはかなり歯ごたえがあったけれど、焼き過ぎたのかもしれない。

20時前に夕食も終わり、その後はまた読書を続ける。まだ眼の調子が戻っていないので途中で休みながらゆっくりと。

iPhone 7 Plus のバッテリー交換

2018年12月3日(月)・曇りときどき晴れ/最高気温14度

8時起床。

朝食のあと9時過ぎの Tram で街中へ。今日は約2年間使ってきた(2016年10月25日購入) iPhone 7 Plus のバッテリー交換を Apple Store に予約していた。

2年前、iPhone のバッテリーに関しての苦情が出たことがあって、アップルはそれに応え、2018年末までバッテリー交換を定額より安価で交換するというアナウンスがあった。

わたしの iPhone 7 Plus もその中に含まれていたのでギリギリの時期に交換して貰おうと考えていた。この機種は使っていて別に不満もないしカメラ性能も気に入っている。少なくともあと1年は使い続けたい。

10時20分にそれを預けてから久しぶりに1人で Sendlingerstr. をぶらついてみた。まだ人出も多くない時間なのでじつにゆったりとした雰囲気。数年ぶりに Asamkirche の中に入ってみたり、Tchibo のカウンターでコーヒーを立ち飲みしたり、入ったことのない店の中に足を踏み入れて商品を見て回ったりした。

13:00にミュンヘンに滞在している日本人夫婦とランチを約束していたので Universität 近くまで足を運ぶ。彼達のすすめで韓国料理を出す食堂(Zum Korean)で落ち合う。そこは学生相手の簡素なお店だったが量も質も立派なもの。わたしはビビンパを食べて満足。なんと言っても安い!

そのあと向かいにある喫茶店でコーヒーを飲みながら2時間近くも談笑。彼達は今夕 Cosi fan tutte を観に行くというので適当なところで切り上げる。

Apple Store に立ち寄りバッテリー交換が済んだ iPhone 7 Plus を受け取ってくる。この際だからとアップル純正のシリコンケースを購入してきた。これまで使っていたのも Apple Store で購入したものだが、頑丈だけれども重くて、裏面が滑りやすいのが気になっていた。色は思い切って赤を選んだ。

IMG 0702

帰宅は17時近く。

“Otello” のストリーミング放送を観る

2018年12月2日(日)・小雨/最高気温12度

8時起床。

一日中小雨が降ったり止んだりの鬱陶しいお天気だった。ウォーキングに出掛ける気にもならず、かと言って家の中で何か建設的なことをするわけでもなく、無為感を感じる日。

夕方19時から Nationaltheater よりライブ放送される “Otello” を観る。周りのいろいろな人の批評を聞いていたので興味深かったけれど、とても立派な仕上がりの舞台だと思う。

歌手やオーケストラの響きなど全体の感想はやはり客席に座ってみなくては分からない面もあるのは確かだが、わたしは楽しめた。

スクリーンショット 2018 12 02 20 54 02
スクリーンショット 2018 12 02 20 54 26スクリーンショット 2018 12 02 20 55 02

余談だが、解像度の高い放送を観ると旧同僚達もそれぞれに年齢を重ねているのが見て取れた。わたしが去ってから6年を過ぎているのだからそれも当然。

静かな週末の始まり

2018年12月1日(土)・曇り一時晴れ/最高気温8度

8時半起床。

ここ数日と比較すると暖かい日となった。右眼の状態は劇的に良くなっているとは言えないが、悪い方向には行っていないと思う。辛抱が必要なのだろう。

ブリギッテは旧職場の店主夫人から今夜のお芝居の切符が回ってきたので、それを受け取りに午前中に出掛けて行った。わたしは午前中にどうも体調がハッキリしないので1時間ほど昼寝をする。最近はどうも午前中に身体がピリッとしない日が多い。

一人で昼食をとってから1時間のウォーキングに出掛ける。最後の方はちょっと疲れを感じたけれど気持ちが良かった。

18時過ぎに夕食を食べたあとブリギッテは近所の友だちを誘って演劇の Residenztheater へ “Endspiel” という舞台を観に出かけていった。

わたしは1人で赤ワインを飲みながらレンタルしてあった iTunes の映画「ライオン」という映画を観る。インドを舞台にした映画だけれど、インド映画ではないようだ。余り面白いとは思わなかった。(-_-;)

Advent を迎える準備

2018年11月30日(金)・曇り/最高気温5度

8時半起床。

昨夜はベッドに入ってからポッドキャストを聴いていたら眠気がさしてこなくて午前3時頃まで起きていた。寝不足で日中はボンヤリしているのではないかと思ったが、普通と変わらなかった。

ブリギッテは朝食のあとイタリア語教室へ。

午後1時頃にカローラが来訪。彼女はわが家のためにクリスマス・クッキーを焼いてくれることになっていた

そうするうちにブリギッテが帰宅。それから二人で台所に立ち、作業を始めたので、わたしは邪魔にならないようにとウォーキングに出掛ける。

約1時間歩いて気持ちよく帰宅した後に、ベッドに入り1時間ほどの昼寝。

昨夜からブリギッテは Advent の飾り付けをはじめていた。例年のように「天使達のオーケストラ」を飾る。

IMG 9693

今年は Adventskranz に代わってカローラが焼いたお手製のローソク立て。

IMG 9697 2

午後は部屋中が甘い匂いに満たされてわたしは辟易していたがすべてが終わってみるとこれはこれで壮観である。7種類のクッキーが出来上がった。

下はわたしの好きなジャムを間に挟んだもの。

IMG 9715

これもわたしの希望でバニラ味で口の中に入れるとサッと溶けるのがよい。

IMG 9711

ブレーツェルを型取ったもので上面はチョコレートと砂糖がまぶしてある。

IMG 9716

オレンジ味がベースで三分の一ぐらいの部分をチョコレートに浸してある。

IMG 9714

ハートが二重になって間にジャムが挟まれ Fondant (フランス風砂糖)が掛かっている。

IMG 9713

レープクーヘン(Lebkuchen)

IMG 9712

Mandeln(アーモンド)と Rum(ラム酒)の入ったクッキーで、ブリギッテの曾おばあさんから伝わっている古いレシピ。

IMG 9710

熱を冷ましたあとクリスマスの絵に包まれたブリキ缶の中へ種類毎に収めて今日はお終い。クリスマスまでの4週間の間、お茶の時間などにそれぞれを盛り合わせて楽しむわけである。今年もあと一月。

久方ぶりの太陽が嬉しい

2018年11月29日(木)・晴れ/最高気温3度

8時半起床。

久しぶりに晴れた。ずいぶんと気持ちが良い。まだ、右眼がゴロゴロする感じが消えないので午前中はおとなしく家の中。

11時半頃にブリギッテは医者の友人とのランチを約束していたので出掛けて行った。わたしは急に眠くなり45分のタイマーを掛けてベッドに潜り込む。

眼が覚めてから遅い昼食を一人でとる。残っていた豆腐とタマネギの味噌汁を温めてそこに玉子を落とす。その他は韓国製の焼き海苔だけの質素な食事だ。でもこれがおいしい!韓国製の焼き海苔はこれはこれでおいしいのだが、日本のものとはかなり異なっていて余り厚さがない。

午後3時頃から久しぶりに街中に出掛ける。太陽が出ているので気温の低さもそれほど感じない。用事を済ませて帰宅したのは5時近くで、周りはすっかり暗くなっていた。

昼食にご飯を2杯も食べたので夜になってもお腹が全く空かない。

7時過ぎからチーズと柿、それに午後からブリギッテがコトコトと煮ていた白豆イタリア風を肴に Weißbier を一本飲んで夕食とした。

ブリギッテ、3泊して Regensburg より帰宅

2018年11月28日(水)・曇り/最高気温1度

7時45分起床。

今日は12時から外でランチを食べる予定にしていたので、紅茶を飲んで少し甘いものを食べただけ。

ずいぶん長いことご無沙汰していた Lep’s lounge にて特大のシュニッツェルを食べて満足。帰宅途中で豚の挽肉を買って帰る。冷蔵庫の中に茄子があるのを先日見つけていて、これを麻婆茄子にしようと思っていた。

ブリギッテはいつもよりふた列車前の16:44発に乗り、帰宅は18:33分。それほど疲れた顔もしていなかったので安心する。

麻婆茄子のレシピは次のもので本当に簡単で美味しい。

炒めて混ぜるだけの簡単マーボー茄子 by meguJJ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが300万品

もう少し茄子を柔らかくなるまで炒めた方がおいしかったかもしれない。

いかにして目の酷使を防ぐか

2018年11月27日(火)・雪/最高気温2度

8時起床。

朝起きて見ると庭は一面の雪。しかし雪は被っている程度でそれほど積もってはいない。今日もブリギッテは Regensburg 。わたしも特別な予定は無いので外出はせずに家の中で過ごす。

かと言ってMacBook Proや iPad の画面ばかり見ているのは手術後の眼に良くないし辛いのでさて、どうするか。

先日から Audio Book に関心を持ち始めている。本を読むのではなく聞くというやつだ。調べてみると Amazon の Audible というのが良さそう。しかしこれは会員制で毎月1500円払わないといけない。最近はこういうサービスが多くなっていて気をつけないとあっという間に一月1万円ぐらいかかってしまう。

その他にも無料のものもあるようで試してみたのだがクォリティーがイマイチ。やはり読み手はプロの話し手がよい。

そんなことをしているうちにふと You Tube のことを思い出して検索してみた。するとかなりの「朗読」がアップされていてクォリティーも申し分がない。

それで今日は藤沢周平の短編集を探してそれを聴いていた。これだと窓の外の雪を眺めながら楽しく聴くことが出来て快適。しばらくはこの方法で眼の疲れを減らそうかなと思っている。

そんなことをしていたから今日は時間の流れがとてもゆっくり感じた。夕食も5時半頃から作りだして6時過ぎには食べ終えてしまった。

久しぶりにご飯を炊く。お豆腐の半分をタマネギとの味噌汁の実にし(茅の舎だし)、もう半分を冷や奴にする。2週間ほど前にブリギッテが日本人会バザーで買ってきた「いわしの丸干し」2匹をサッと焼いて醤油を垂らす。おいしくて、ご飯を少し食べ過ぎた。^^;

家の中に閉じこもり

2018年11月26日(月)・曇りのち雪/最高気温4度

8時起床。

今日も朝から霧が立ち籠める湿った空気の寒い一日となった。8時前に Hausmeister がわが家のブザーを押した音で目覚める。わが家のすぐ隣にある共同の乾燥機修理のためだった。

このようなお天気の時には家の中でじっとしているに限る。ゆったりとした静かな午後の時間が過ぎていった。

夕食には昨日に続いてスパゲッティ・ペペロンチーノを作って食べる。二度目の今日は頭の中にすっかり入っている工程をなぞるだけ。気のせいか昨日よりは上手に出来た。

食事のあとレンタルしてある映画「0.5ミリ」を観始める。なかなか面白い内容の映画だがちょっと長い(3時間18分)ので半ばぐらいまで見て残りは明日に観ることにする。

朝霧の濃い曇り空で始まった一日

2018年11月25日(日)・曇り/最高気温6度

8時起床。

ハッキリ憶えているのだが、4時40分に目覚めてしまい、それからなかなか眠れなかった。7時半頃からようやく眠ったが8時頃に目覚めてしまい、午前中はどうも気分がスッキリしなかった。

ブリギッテは朝食のあと10時から近くの Emmauskirche のミサへ。彼女の母の葬儀の時にお世話になった神父が「今年亡くなった人々のためのミサ」をするというのでお礼がてら出掛けたのだった。

彼女が帰宅して報告してくれたのだが、今年はずいぶん多くの人が亡くなっていて少し驚いたそうである。

お昼過ぎになってわたしの気分も少し良くなり、新鮮な空気を吸いたいと思いウォーキングに出掛けることにした。珍しくブリギッテも一緒に行きたいというので曇り空の湿った空気の中を歩いてくる。

彼女は17時から教会で行われる演奏会に出掛けるので3時過ぎに出掛けて行った。旧職場の同僚の数人が所属するアマチュア合唱団の演奏会で今年はモーツアルトのレクイエムだそうだ。わたしはまだ人混みの中に行く気にならないので彼女に1人で行って貰った。

それを聴いたあと18時43分発の列車で Regensburg へ。昨日ユリアから電話があって孫のヨハナが病気らしい。ユリアは会社勤めがあるのでこんな時に頼りになるのは”おばあちゃん”だ

夕食は「茅の舎の野菜だし」を使ってスパゲッティ・ペペロンチーノを作ってみた。おいしい!

自宅でおとなしくしている

2018年11月24日(土)・曇りときどき小雨/最高気温6度

8時起床。

昨夜は午前様だったのだが、よく眠れてシャッターの上がった音で眼が覚めた。iPhoneのアプリ AutoSleep によると7時間は眠っていたらしい。

ブリギッテにいわれて気がついたのだが、網膜剥離の手術以来、夜中にトイレに起きることがなくなっている。今だけの現象だろうとは思うけれど、人間の肉体の不思議さを思う。

今日は午後からブリギッテと一緒に外出する予定でいたのだが、疲れを感じているのでわたしだけ自宅に残ることにした。しかし新鮮な空気を吸うのも悪くないので、昨日クリーニングに出したネクタイを受け取りがてらブリギッテと一緒に途中まで外出する。

帰宅して昼食を作って食べたあと1時間の昼寝。よく眠れた。

夕方ブリギッテがとても面白かったと満足げに帰宅。2人とも余りお腹が空いていないので、チーズとソーセージ類でお酒を少しのみ、冷や奴を食べて夕食とする。

IMG 9678

冷や奴に乗せようとして家庭菜園で収穫したニラを刻んでいる時に左手の中指先端をスッと切ってしまった。先日の車の右側を擦ってしまったことと同じくこれもまだ右眼がよく見えていないせいだろうか。(-_-;)

夜は友人の誕生祝い(70歳)

2018年11月23日(金)・曇り/最高気温4度

7時45分起床。

今日は朝から右眼のまばたき時に引っかかりを感じる。こういう日もあるだろうとは思うがちょっと不快。

朝食のあとブリギッテはイタリア語教室へ。わたしはその後を追うようにして街へ出る。今日は細々とした用事を片づけてすぐ帰ってくるつもりで家を出た。

まず、クリーニング店に立ち寄り旅行中に付けていて食べ物のシミがついてしまったネクタイ2本を洗濯に出す。このネクタイにシミがつくというのはやはり老化現象だろうか。歳をとってきて気がつかないうちに食べ物をこぼしているようで、気をつけなくては。(-_-;)

次に Apple Store に行き iPhone 7 Plus の電池交換の予約を入れてくる。わたしの購入した機種と時期の製品は今年の12月末日までに交換すれば普段の値段よりもずいぶん安くなるというキャンペーンである。

使っている iPhone 7 Plus は2016年10月末に購入したものでバッテリーのヘタリは全く感じていない。しかしいずれその時は来るので、今のうちに安価で新しく出来るのならそれにこしたことはない。来週月曜日(12月3日の10時20分)に予約が取れた。作業は1時間で終わるとのこと。

ついでに買い替えようかどうか迷っているiPad Pro12.9インチの新型の在庫を訊いてみたら現在はゼロということでちょっとガッカリしたり、ホッとしたりと微妙な気持ち。

Apple Store を出てから少し歩いて Tal の Conrad へ。一昨日気がついたのだがシャッターのリモコン用電池(CR2430)が切れていた。それとブリギッテの使っている iPhone 7 用の防御ガラスフィルムを購入。先日見たらガラスフィルムの側面が欠けているのを発見したのだ。本体には傷がないけれどこれも高いものではないので張り替えたほうがいいだろう。(14.99€)

帰宅して少しお腹が空いたので焼きそばを作る。それが出来上がった時にブリギッテも帰宅。今夜は友人の70歳の誕生祝いに招かれているのでこのくらいがちょうどよい。

その後45分の昼寝。

夜は19時から友人(女性)の70歳の誕生パーティ。バイキング形式の食べ物もおいしかった。しかしやはり疲れる。0時40分の帰宅。

少しずつ以前の日常に戻ろう

2018年11月22日(木)・曇りのち晴れ/最高気温5度

5時半に一度目が覚めてから二度寝をして8時半の起床。充分な睡眠をとったあとの気分の良さが残る。10時頃から太陽の光が射してきた。

ブリギッテは長期療養中の旧同僚とお茶を約束していたので11時過ぎに家を出る。

気になっていたアイロン掛けに取りかかる気になった。かなりの量であるけれど、いつかはやらなくてはならない。1時間以上かかってやっと終了。

シャツ、ブラウス13枚
布巾7枚
ランチョンマット5枚

30分ほど休んでから今日の次の目標であるウォーキングに出掛ける。用心して短い距離を歩く。気持ちがよかった。8406歩・6.39Km

家の前で帰宅途中のブリギッテとバッタリ。お腹が空いていたので Waffel を焼いて貰い、それを食べてから45分のタイマーをセットして遅い昼寝。

夕食は先日のバザーで購入してあった「北海水産」のを食べる。鰻本体はふっくらとしていて悪くないのだが、残念な事にタレが甘すぎ! こういう経験をすると無性に日本に帰って「うな重」を食べたくなる。(-_-;)

IMG 9673 2

やってもうた!

2018年11月21日(水)・曇り/最高気温3度

7時40分起床。

今日は水曜日なのでブリギッテが Regensburg にお手伝いに行く日。11時過ぎに彼女を送り出してから少し疲れを感じて早い昼寝を試みるも眠れずに起きてしまう。

昼食にとわが家から Tram で二駅の Theodolindenplatz にある寿司屋さんにテークアウトの寿司を買いに行く。昨日、執刀医から車の運転もOKという診断が下ったのでテストがてら車で出掛けた。

しか〜し、帰宅して地下の駐車場に車を入れる時に右側後部のドアを壁に擦ってしまった!凹む!! わたしの経験と予想では修繕にかかる費用は1000€コース。(泣)

IMG 9669

午後は住まいの中でおとなしく過ごす。

夕方になって右眼の気泡が消えた! これは剥がれた網膜が眼底に接着できたということで、嬉しいことなのだが、車をこすった心の傷と帳消しになった。(-_-;)

ブリギッテは今日も帰りの列車が遅れていつもより30分以上遅れて21時20分の帰宅。

帰宅した彼女に車の件を伝えたのだが、彼女の返事は「そのうち誰かがこの箇所にぶつけることを期待してしばらくこのままにしておきましょう」。少し癒された。

執刀医も満足の術後経過

2018年11月20日(火)・晴れ/最高気温6度

7時半起床。

昨夜の食事会はおいしくて少し食べ過ぎ。眼が覚めても全くお腹が空いていないので朝食は抜くことにする。

ブリギッテはイタリア語教室の同僚に朝食を招かれたというので9時半頃に家を出ていった。

わたしは12時45分から眼科医の術後検査があったので出掛ける。右眼の気泡はもうずいぶんと小さくなっていて今週中には消滅するのではないかと思われる。ということは視界が広がっているということでやはり気分的にずいぶん違う。

まだまだぼんやりとしか像が結ばないのは仕方がないけれど、これも時間が経つのを辛抱強く待つしか無いのだろう。

診察の前に一応視力検査などをした。その後の執刀医の診察は彼も充分納得のいくもので、わたしも安心することが出来た。次の検査は12月18日である。

一緒についてきてくれたブリギッテとそのあと Due Passi で遅い昼食。この時に飲んだ赤ワインがおいしかった。

帰宅してから45分のタイマーをセットして遅い昼寝。

夕方になってもお腹が空いていないので、サラミソーセージ、チーズで Weißbier を飲んで終わりにする。

二組の日本人夫婦と会食

2018年11月19日(月)・曇り/最高気温0度

7時半起床。

眼が覚めて外を見るとうっすらとではあるが雪に覆われた庭が眼に入ってきた。冬の到来である。

朝食のあとブリギッテにはタイヤ交換に行って貰った。数ヶ月前に予約した日がたまたま初雪を迎えた今日だったのだ。

11時40分頃に頼んでいた電器屋さんが来て、寝室の一部と隣の小部屋の電気が数日前から不通なのをみて貰う。原因は安全装置箱(Sicherungskasten)の線が緩んでいたことだった。すぐになおってこれでスッキリ。

午後に1時間の昼寝。今夜は友人夫婦二組と会食の予定だったので体力温存。

すでに暗くなっていたが17時25分の Tram で Hohenzollernplatz にある中華料理店 Suchan Küche(四川料理) に向かう。

今夜は二組の夫婦を引き合わせるのが目的だった。料理もピリッと辛みの効いたおいしいもので、会話も大いに弾み楽しい食事会だった。22時半の帰宅。

午後から静かな時間が戻ってきた

2018年11月18日(日)・快晴/最高気温5度

8時半起床。

昨夜の3時過ぎに隣の部屋に寝かせていたヨハナが泣いたのでブリギッテはわれわれのベッドに寝かせたらしい。眼が覚めるとわたしとブリギッテの間でヨハナが眠っていた。彼女が目覚めるのを待ってひとしきりヨハナと遊んでから起床。

9時半にアンナが訪れて一緒に朝食。ヨハナが一緒だと朝食を楽しむと言うよりは彼女中心のものになってしまうのは仕方がない。

ユリアとヨハナは午後1時に Regensburg に帰っていった。アンナも自宅に戻ったので数日ぶりに静けさが戻ってくる。

ブリギッテは参加したい催し物があるとかで午後2時近くに出ていった。それからはわたしの1人だけの時間。(^_^)

アンナがまた忘れ物をしていったので、夕方になってから運動がてら徒歩でそれを届けに行く。そろそろ暗くなってくる時間なのでブリギッテが付き添ってくれて、わたしも用心のために杖を持って往復を歩いた。空気は冷たいが気持ちよい。

夕食はここ数日の残り物で済ませる。眼の状況は今日も少し快方に向かっていると実感する。気泡がずいぶんと小さくなった。

手術後初めての外出は演奏会

2018年11月17日・快晴/最高気温7度

9時起床。

眼は覚めていたのだが、早く目覚めた孫のヨハナをブリギッテがわれわれの間に寝かせていたので彼女としばらく遊んでいた。^^; 手術した眼を「バチッ」とやられるのが怖いので患部は終始、手でカバー。

朝食のあとブリギッテとユリアはヨハナを連れて動物園へ。今日は朝から快晴なのできっと気持ちが良いだろう。しかし気温はかなり低いので要注意。

わたしは12時頃からベッドに横になり1時間の昼寝。

夕方からまたアンナが来訪。彼女はヨハナの Pate (代母) ということもあるのか、ヨハナの世話をよくやってくれる。

ブリギッテ、ユリア、ヨハナは16時過ぎに動物園から帰宅。けっこう疲れたようだった

夜は以前から切符を購入してあった演奏会を聴きに GASTEIG へ。20時開始なので19時20分の Tram で出掛ける。外はかなり厳しい寒さ。とても良い演奏会に満足して23時少し前の帰宅。

眼の方はわずかだが進展

2018年11月16日(金)・曇りのち晴れ/最高気温5度

7時半起床。

今日も一歩も家の外には出ずにひたすら我慢の子。しかし考えようによってはこうして快癒に向けて集中していられることを幸せだと思う。

ブリギッテはしばらく振りのイタリア語教室へ。午後1時過ぎに Regensburg からユリアがヨハナを連れて来訪。日曜日まで滞在する。

ユリアは今二番目の子供を身ごもっていて(出産予定日は来年の⒋月)体力的に辛いようだ。ちょっと風邪気味なので週末をわが家でゆっくりしたいらしい。ブリギッテの負担がちょっと心配。

わたしは午後3時頃から1時間の昼寝。眼が覚めてみるとアンナとカローラも来ていた。というわけで夕食はヨハナを入れて6人でまたまた賑やか。

夕食のあとヨハナを寝かせて一段落。わたしも今日は早寝。週末はのんびりとして過ごそうというわたしの目論見は外れそうだ。

今日もおとなしく在宅

2018年11月15日(木)・曇り/最高気温5度

9時半起床。

こんなに長い時間を気持ちよく眠ったのは最近の記憶に無い。昨夜は22時頃に就寝。4時半過ぎに一度目が覚めたのだが、それから二度寝して眼が覚めたのはなんと9時半だった。従って朝食はほとんどブランチという感じ。

それからは今日もおとなしく家の中で過ごす。外は曇り空で気温も低いので外へ出られない残念感は無い。

しっかりと夜眠れたので、今日も昼寝をしようという気が起こらない。椅子に座ってポッドキャストで音声を聴いて過ごした。

午後から買い物に出たブリギッテがムール貝を買って帰宅。夕食はムール貝のワイン蒸しとなった。わたしの好物なので嬉しい。プックリとした身がジューシーでおいしかった。

16時頃に目薬を差した時に気がついたのだが、気泡の上の境界が半分から三分の一位になっていた。徐々にではあるが気泡が小さくなりつつあるということなのだろう。明日はまた眼の中の気泡が小さくなっているといいなぁ。

手術をしてくれた医者の話では落ち着くまでに一週間はかかる、ということだったので焦らずに待つ。

薄紙を剥ぐように良くなっている(と思いたい)

2018年11月14日(水)・曇り/最高気温7度

6時起床。

昨夜は22時頃に就寝してとてもよく眠れた。眼が覚めたのは少し早かったけれどそのまま起きてしまう。

ブリギッテは Regensburg に行く日で、今日はカローラも同行するらしい。それじゃ出発前に Café で一緒に朝食をとってから乗車するというので9時過ぎに家を出ていった。

それからのわたしはおとなしく療養に努める。タイマーを掛けて約4時間毎に点眼薬をさす。そのせいでも無いだろうが眼の中の気泡がだんだん下に下がってきたようだ。(気泡が小さくなってきた)

昼食はご飯を炊いてタマネギとハムのオムレツを作り、焼き海苔と味噌汁(インスタントだけれどおいしい)を添えてゆったりと食べる。こんな食事をするのは久しぶり。

午後になっても一向に眠気が襲ってこないのでそのまま夜まで過ごした。夜になってもお腹が空かないので今夜は夕食は抜き。その替わりにピーナッツとサラミをおつまみにして Weißbier を飲む。

まだ眼の中のゴロゴロ感はあるけれど昨日よりは確実に快方に向かっている。あと数日はひたすら治癒に努めようと思う。

ブリギッテは21時過ぎの帰宅。

手術後の経過は良好

2018年11月13日(火)・曇り/最高気温14度

7時15分起床。

結局午前5時前にもう一度ベッドに入りウツラウツラしていた。7時過ぎに起床。面倒だったが少しは気分が良くなるかなと、シャワーを浴びる。患部の痛がゆさは少し収まったような気がする。医者が言っていた「24時間後にはだいぶ落ち着いてくる」というのは本当だった。

今日も車でブリギッテに付き添って貰い、12時に診療所について眼に当てたガーゼを外して貰う。その時に気のついた点や今後の行動について聞いてきた。

ガーゼを外しても実はまだ右眼は見えていない。右眼だけで見ようとすると、まるで水の中で眼を開いたようにボンヤリとした像しか結ばない。それもその筈でこの丸い玉は気泡なのだそうだ。

右眼だけで見てみるとちょうど真ん中あたりに黒い縁が弧を描いているのがわかる。顔を下に向けるとその丸いレンズのようなもの(気泡)が中央にフラフラと漂っているのが分かる。

これが手術の時に入った気泡で、これが約一週間後に消えて初めて普通の眼に戻るということらしい。シャボン玉が眼球の中に浮遊している感じで、スマホの画面に傷付き防止のフィルムを貼った時に入る気泡を連想させる。

とにかくこれまでの経過は順調だということを聞いて安心。ビールも今日から飲んで大丈夫というお墨付きもいただいた。来週の火曜日に再び検査の予約を入れて診療所を後にする。

帰宅して、途中で買ってきた Leberkäse に2個の目玉焼きを付けて昼食。そのあとすぐにベッドに入り1時間グッスリと眠った。これで昨夜の睡眠不足が解消されたようだ。

昼寝のあとコーヒーを飲んだ時に写したのが下の写真。まだ白目の部分が赤いのでそれを見るブリギッテが気持ち悪いだろうと、サングラスをかけている。昨日の写真と組み合わせると「Before & After」

After

夕方からは少し元気になったので、折に触れてメモしておいたものを整理する。

夕食は Kaltesessen でチーズ、ハム、パン、で済ませる。

網膜と白内障の手術(右眼)を受ける

2018年11月12日(月)・晴れ/最高気温17度

5時起床。

早朝5時に目覚ましをセットしておいたので、それで目が覚めた。家を出発したのは6時45分ごろ。Hotel Bayerischer Hof の近くに車を止められたのでラッキー。

7時45分から手術室に入りまずは麻酔。そして手術台の上に横になる。局所麻酔をかけたので意識はしっかりしていた。しかし、手術の間の事はよくわからないから何とも言えないが、手術をしてくれた医者の話では結果は無事に終わったそうである。

下の写真は待合室に戻って、出されたクッキーとお茶を飲んでホッとしているところをブリギッテが写してくれた。

Befor

少し休んでからブリギッテの運転で帰宅した時にはすでに10時近かった。それからソファの上で少し休んでいたがこの頃から麻酔が切れたのか少し痛みとも痒みともつかない感覚。少し不安になる。

昼食は2時近くにブリギッテが家庭菜園で収穫した Grünkohl を使ったスープを食べる。おいしかった。

住まいの中に居る間は、背もたれのある椅子に座っていた方が楽なので午後からは下の部屋に置いてある安楽椅子に座る。座ってしばらくしたら眠気がさしてきた。

安楽椅子の上で目が覚めたのは3時12分ごろ。手術した患部の違和感が先ほどより増しているように思う。眼の中に小石が入っているようなゴロゴロした感覚で不快。3時半ごろからお茶。

夕食は夕方7時ごろから食べた。その後はさすがに起きているのが辛くなったので20時過ぎにベットに入る。医者には手術をしない方の顔を下にして寝なさい、天井を向いて寝てもいけないと言われる。一晩中同じ向きに位置を変えずに眠れるものだろうか?

やはり、午前3時半過ぎに目覚めてベッドから出てダイニングキッチンの椅子に座る。手術した患部が痛いとかそういうことではなくて同じ姿勢でじっと動かずに寝ているのに疲れたのだ。5時少し前になり座っているのにも疲れ再びベッドに戻った。

咳は少し残るがほぼ回復

2018年11月11日(日)・晴れ/最高気温15度

7時半起床。

昨夜は夜中になっても全く眠くなくてずっとポッドキャストを聴いていた。眠りについたのはもう午前4時近かったと思う。

それで睡眠不足かなと心配したのだが、今日は一日中眠くはならなかった。まあ、その前に昼寝を含めて充分な睡眠をとっていたからだろう。睡眠って大事だとは分かっていてもその本質、仕組み、内容については良くわからない。

たまたま Twitter を見ていてApple WatchとiPhoneのコンビで使える面白そうなアプリ AutoSleep というのを知った。そこからたどって行って見つけたブログ 混沌の屋形風呂: AppleWatchは寝てるときにこそつけるべし を読むと、これは良さそう。早速ダウンロードして試してみた。これからしばらく使ってみようと思う。

今日は朝から良いお天気で穏やかな秋の日。わたしは明朝の眼の手術が頭の片隅にあって外へ出ていく気が起こらない。風邪の方はほぼ90%回復したという実感があるが、ここは大事をとって一日を家の中で過ごす。

ようやく旅の間にメモして置いた日記に写真を付けてアップしたのは夕方。これをする気力が出てきただけ元気になったということだろう。

早めの夕食をとって今夜は早めにベッドに入ろうと思う。明日は7時45分に手術なので6時前に起床したい。

「にぎり寿司」がおいしかった

2018年11月10日(土)・晴れ/最高気温13度

昨夜、就寝した時には今日こそはきっと良くなるだろうと思ったのだが、そうは問屋が卸さない。夜中にけっこう咳に悩まされて、起き上がってみるとまだ不快感が抜けきらない。

わたしが目を覚ましたのは9時過ぎで、ベッドを出てみるとブリギッテはすでに出掛けたあと。彼女の Patenkind と街中の Café で朝食を約束していたのだ。

わたしは1人での朝食を終えて再びベッドに戻り眠りにつく。今日は昨日の午前中と違って元気が出なかった。

ブリギッテは Café での昼食のあと午後14時からの日本人会主催のバザーに回ったらしい。バザーとは言ってもわれわれの目的はオランダの「北海水産」が出張販売する日本の魚類(もちろん加工・冷凍されている)とミュンヘン市内の日本料理店が販売するお弁当、お寿司を買うのが狙い。

15時過ぎにブリギッテは保冷袋にいっぱいの魚とにぎり寿司3箱、ちらし寿司1箱、そして「タンポポ」というお菓子屋さんのお菓子を買って帰宅。そのお菓子で午後のお茶をいただく。

夕方18時過ぎにアンナが来訪。3人でお寿司を夕食にと食べる。下のお寿司はミュンヘン市内の「海斗」(KAITO)のもの。少しご飯の量が多いけれど久しぶりのにぎり寿司はおいしかった。

IMG 1505

もう一つはこれもミュンヘン市内の「TOSHI」という高級料理店のちらし寿司。しっかりした味の具が沢山乗っていて、これもおいしかった。これは3人で分けて食べる。

IMG 2392

おいしかったのと満腹感で大満足。明日こそ元気にならなくては。

ちょっとした外出が出来るほどに回復

2018年11月9日(金)・晴れ/最高気温10度

睡眠中に咳は出なかったまま朝を迎えた。これはとても嬉しい。

8時過ぎの列車でブリギッテはバイロイトへ。親類の女性が100歳を過ぎて亡くなったそうで、そのお葬式に参列するため。

午前中は体調が元に戻った感じでしばらく起きていた。12時を過ぎてからようやくベッドに戻り1時間ほどグッスリと眠る。

夕食はスパゲッティのようなものを食べたかったので外へ食べに出ることにした。わが家から15分ほど Tram で乗ったところにあるイタリアレストランである。

外気温が心配だったので、今年初めて冬用のコートを着て家を出たがTram内では少し暑いと感じた。レストランではノンアルコールのビールを飲みトマト味の海鮮スパゲッティを注文。まだ味覚が少し戻ってきていない感じである。しかし外食できるまでに復調したのが嬉しい。

18時半頃に帰宅。ブリギッテからは21時過ぎに帰宅するという連絡があった。多分22時近くになるのだろう。

久しぶりに全日ベッドの中

2018年11月8日(木)・快晴/最高気温14度

今日は一日中ベッドの中。もちろん食事時には起きてきて一緒に食べたのだが、その他はおとなしく寝ていた。おかげで夕方になると背中がちょっと痛くなる。

少しだけだが咳がおさまってきたような気がする。今夜よく眠れれば明日はずいぶんと楽になっていることだろう。旅行中のブログを書く気力が湧いてくるかも。(^_^)

静養ー早く風邪を治さなくては

2018年11月7日(水)・快晴/最高気温17度

7時半起床。

昨夜は咳がちょっとひどく、ウツラウツラ眠っただけのような気がする。朝食はいつもの時間にブリギッテと一緒に済ませる。

彼女は Regensburg へ行く日で、家を出る前に細々とした用事を片づけていた。

わたしは10時過ぎに再びベッドに入り、今度はかなり深く眠れた。

熱は無く、喉の痛みも消えたのであとは咳さえおさまってくれれば明日には起き上がれると思うのだが。

今日は朝から素晴らしいお天気だったので、こんな日に家の中に居てベッドに横になっているのは残念。

ブリギッテはいつもよりひと列車早く帰宅。

風邪をうつされた!

2018年11月6日(火)・晴れ/最高気温22度

7時半起床。

やはり風邪をうつされてしまった。喉の痛みで夜中に2度ほど眼が覚める。そのたびに Salviathymol でうがいをする。起き上がるとクシャミが出る。

朝食のあと再びベッドへ。1時間ほどグッスリと眠ることが出来た。喉の痛みは引けたようだが鼻水が止まらない。

今日は12時から眼科医の予約が入っていた。来週の手術で眼に入れるレンズを決めておかなくてはならないので、その検査である。

点眼薬をさされたのでそのあと数時間は目の前に霧がかかったような感じで疲れる。帰宅してすぐにまたベッドへ入り再びグッスリと眠った。

今日は友人のAさんと会食を約束していたので、18時半頃に家を出る。彼とはしばらくお会いしていなかったのでちょっとは無理をしても会いたかった。話が弾む。会話をし食べている間は風邪のことも忘れていられた。

22時過ぎにお開き。帰宅は22時半。今日も予定していた日程を消化できて満足。

ようやく帰宅!

2018年11月5日(月)・曇り/最高気温11度

7時起床。

昨夜は22時ごろに就寝して朝6時ごろまで眠れた。洗髪、シャワーを浴びてスッキリするが風邪を移されたような気がしないでもない。

朝食は例によってバイキング方式。ごく普通のクオリティ。10:00にチェックアウトしてバス停に来るとなんと25分待ち。一度Hbf に行きコインロッカーに荷物を入れてから町の中心部へ。

ブリギッテ自身が「もうこの街にくることはないかも」と感傷的になっているので今日は不機嫌にならずおとなしく付き合う覚悟を決める。^^;

買い物にも笑顔で従順に付いて回る。大して大きな街ではないから同じ道を行きつ戻りつ歩き回る。この日の歩数は11995歩、9.5Km だった。ウォーキングと異なりダラダラと歩いてこの距離はちょっと疲れる。

下の写真は Marktplatz に立つプロテスタントの教会 Lamberti Kirche。カトリックのゴテゴテした教会を見慣れているわたしにはスッキリとして好感が持てた。

IMG 9572

Oldenburg という街は自転車乗りが多いところで、普通の街だと自転車は道の両側を走るのだが、この通りは自転車が道のほぼ真ん中を走り、主役となっている。ちょっと面白い。

IMG 9577

オルデンブルクを16:35に出発してBremenで乗り換え。 Bremen 発は17:15発。ようやく旅の終わりに近づいた安堵感で、車内では Weißbier を注文。これでおいしい駅弁があれば言うこと無しなのだが・・・。

IMG 6467

ミュンヘン着は深夜の22:41

これでようやくブリギッテが10月から計画していた数回の旅が終了。ミュンヘンには数分遅れて到着。帰宅は23時半。

Norden ⇒ Oldenburg

2018年11月4日(日)・晴れのち曇り/最高気温10度

7時半起床。

昨夜のパーティでは最後の方はミネラルウォーターばかり飲んでいた(提供されたアルコール飲料に気に入ったものがなかった)せいか夜中に2度トイレに起きた。

朝食は昨日と同じメンバー。それまでに我々は荷物をまとめてしまっていたので、朝食後はゆったりと出発時間まで過ごす。ただ風邪を引いている人が半数近くいて、別れ際に当然のようにハグしてくるものだから、うつされるのではないかと内心穏やかではない。

駅まで送ってもらい14:47の列車でオルデンブルクへ向かう。車内は結構な混みよう。定時の16:23に到着。そこからバスで予約しておいたホテルへ。これが思っていたよりも遠かった。荷物をおいてすぐに約束しておいたブリギッテの育った家に向かう。

義父が亡くなって2014年にその家を処分したのだが新しい持ち主が大幅な改造をしたというのでそれを見せてもらう約束だった。新しい持ち主もそれが大いに自慢だったらしく、何度かお誘いを受けていた。

IMG 8649

わたしは以前この家に泊まると喘息の発作が出るので殆ど訪れたことはなかった。家の中の空気が重く湿った感じで全体的に暗かったという印象がある。

15:30頃から17時過ぎまでじっくりと見せてもらいお茶まで頂いて過ごす。外観は法律で変更できないということだが、すっかり生まれ変わった家の中は数カ所の壁を取り払ったせいで、広々として明るくとても良い印象を持った。でも随分お金がかかったことだろう。

暗くなった道を町の中心までバスで引き返し、折から市の中心部の広場で開催していたGrünkohl の屋台で立ち食い。これが空気の冷たさも手伝ってかとても美味しかった。

IMG 8660

Grünkohl + Pinkelwurst はミュンヘンで食べると脂分が多くて重量感がありすぎると感じるのだが、ここで食べるそれは全く違った。その土地のお酒や名物料理はその土地の空気感の中で飲み、食べるものであることを改めて感じる。

IMG 4639

ある程度お腹がいっぱいになり、疲れてもいたのでレストランに入って食べる予定を変更する。屋台でオリーブとかチーズなどを少量ずつ買い、ワインも一本買ってホテルに戻る。

IMG 0941

部屋でくつろぎながらそれらを美味しくいただいた。なんだか東京・大井町のホテルでくつろいでいるデジャブ感がある。

そのあとブリギッテは1人でホテルのサウナに、わたしは部屋で熱いシャワーをタップリと浴びて就寝。明日はようやく自宅に戻れると思うと嬉しい。

北海へのウォーキングと還暦パーティ

2018年11月3日(土)・快晴/最高気温11度

7時半起床

素晴らしいお天気。アストリッドとブリギッテの3人で朝食。息子や娘たちのカップルはどこで眠っているのか。かなり部屋数のある広い家で主人が亡くなっているから泊まれる部屋は随分ある。下の写真はブリギッテの親友の住む典型的な北ドイツ風の家。

IMG 9547

朝食のあとわたしは北海の海岸までウォーキングすることにして出発。往路はできるだけ車道を避けるコースを選ぶ。アストリッドが大体の道を教えてくれた。

下の写真は潮の引いた状態の北海。そう思って眺めるせいかどこか寂しい雰囲気が漂う。

IMG 9528

歩くこと約一時間で目的地に到着。帰路は最短のコースで車道のそばを歩いて帰宅。あまり距離的には変化なかった。10キロ以上歩いたから流石に疲れたが気持ちが良い。

アストリッドの妹、カチヤが3人の子供たちとハノーファーから到着。ピザで簡単な昼食をとったあと昼寝を一時間。疲れた身体を横たえる時、気持ちが良かった。

還暦祝いのパーティは19時から始まった。83人の出席者で彼女の職場関係の客が多かった。料理はバイキング方式でわたしはこれの方が食べすぎることがなくて好き。美味しかった。
IMG 2056

ひとつだけ残念だったのはダンス音楽で専門のDJが居なかったので炭酸の抜けたゼクトの感じ。スピーチも全く予定されていなかったから、これじゃちょっと寂しいと急遽ブリギッテがその場にあった紙に原稿を書いてスピーチ

これは良かった。彼女もこのところ場数を踏んできてこうした大勢の前で喋ることに自信を持っている様だった。帰宅は午前1時半。途中で帰るというフランクフルトから来たご夫婦が頼んだタクシーに便乗させて貰ったが、そうでなければ何時になったことか!

列車の旅【München ⇒ Hannover ⇒ Norden】

2018年11月2日(金)/晴れときどき曇り/最高気温11度

5時起床

今日から4日間の旅行。行き先はブリギッテの親友が住む Norden という北海に臨む街。その目的は彼女の還暦祝いに参加するためである。

彼女はブリギッテと同年だから既に還暦はすぎているのだが夫の死によって今回に延期になっていた。

朝5時に起床。ゆっくりと身支度を整えて6:30のトラムで出発。まだ外は真っ暗である。ミュンヘンの中央駅についてみるとダイヤの変更があることを知らされる。

しばらく前にオンラインで予約した通りだとBremenで乗り換えて Norden には午後3時過ぎに到着するはず。この列車は Bremen 行きの車両と Hannover までの車両が一緒になったものなのだが、今日は Bremen 行きの車両がなんらかの都合で結合されないという。昨夜オンラインで確かめた時にはそんなことは書いてなかった!心の中では「DB、またかよ!」とののしっている。

ということは Hannover からは普通列車に乗り換えなくてはならず、目的地のノルデンに着くのは5時過ぎとなる。下の写真は車窓から見える秋の風景。

IMG 9497

Hannover では2時間余りの待ち時間を利用していったん駅の外に出て昼食。それからは各駅停車に乗り換えてひたすら我慢の旅。ただ一等車を予約しておいたのでそれなりに快適だった。

最後の日にここへは一泊するのだが、ブリギッテの育った街 Oldenburg の駅を通り過ぎる時、彼女は感慨深げ。

17:05に無事に Norden に到着。下の写真は目的地にほど近い北ドイツの夕暮れを車窓から写したもの。

C0A5AAA3 ED06 429D 9A87 FF0321AC3524

駅にはブリギッテの親友アストリッドが迎えにきてくれていた。
この夜は彼女の息子、娘とそのパートナーたち、娘の女友達が加わり7人で賑やかに時間が過ぎていく。わたしは疲れていたので22時過ぎに一足先に就寝。長い1日だった。

バイエルン放送交響楽団の定期公演 2/8 を聴いた

2018年11月1日(木)・曇り一時晴れ/最高気温15度

8時半起床。

気持ちの良い眠りだった。今日の予定は二つで13時に友人夫妻と会食。そして夜は バイエルン放送交響楽団の定期公演 2/8 である。

昨日アンナから今日の朝食に招かれたのだが、先約があったのでわたしは断った。遅い朝食のあと13時からの昼食は辛い。その間、午前中は溜まっていたアイロン掛けを済ませる。

友人夫婦と13時に市内(Tal)にある Schneider Weißbier のお店で落ち合って昼食(Schweinebraten + Weißbier)。15時頃に帰宅して昼寝を45分間。

夜は20時から GASTEIG での定期公演を聴く。

スクリーンショット 2018 11 01 17 59 29

指揮するはずだったヤンソンスが病気療養中のため代役が立った。替わった指揮者はともかく、バイオリン協奏曲のソロを弾いた Leonidas Kavakos は素晴らしかった。音の粒は立っているし、ピアニッシモも美しく、それ以上にテクニックの華麗さは特筆もの。世界は広い!

聴く前は「春の祭典」を楽しみにして出掛けたのだったが、ショスタコービッチに今日はしびれて帰宅。大いに満足して家に着いたのは22時半。これから荷造りをして明朝は早起きしなくては。

ストレスが解消された

2018年10月31日(水)・曇り/最高気温12度

7時半起床。

寝室のシャッターは7:30に開くようにタイマーをセットしてあって、よほどのことがない限りこの時間には眼が覚めることになる。

昨夜は比較的よく眠れたという感覚があったので気持ちの良い朝を迎えた。そしてゆったりとした朝食。

そのあとお腹が満たされた感覚も手伝ってしばしのまどろみ。午後になっても1人の時間が持てたという解放感が続いて時間はゆったりと流れていく。

それでもお腹は空くもので、これも久しぶりに「煮込みうどん」を作って食べる。「茅の舎のだし」を使ったスーーブはとても満足のいくもの。

午後4時前、暮れゆく空を眺めているうちに無性に歩きたくなった。今の時期は17時を過ぎると暗くなり始め19時半には真っ暗闇になってしまう。暗くなった森を歩くのは怖いので今日は短い6000歩コースを歩いて明るいうちに帰宅した。

IMG 9486

美しい夕焼け空を眺めながら、ちょっと歩き疲れた身体に Weißbier を流し込む。昨日と今日、ゆったりとした時間を持てた幸せを感じる。

ブリギッテは19:15にHbfに到着。幸いにも今日は列車の遅れはなかったようだ。

映画「ウィンストン・チャーチル」を観た

2018年10月30日(火)・曇り/最高気温12度

7時半起床。

今日もヨハナは7時過ぎまで良く寝てくれた。ブリギッテも夜中に起こされることがなくて朝までよく眠れたらしい。

朝食のあとユリアとヨハナは荷物をまとめて Regensburg へ。ブリギッテはいつもだと水曜日に手伝いに行くのだが、どうせだからと一緒の車で出掛けた。一晩泊まりとなる。

彼女たちを送り出した後、わたしは1人の時間が戻ってきたことが嬉しくなる。それでも家の中は金曜日以来の汚れがあちこち目につくのでちょっと落ち着いたあとはお掃除に取りかかる。

ヨハナの組み立てベッドを片づけたりするとけっこう汗をかいた。午後になって少し疲れたので横になる。ほんの5分くらいの時間だけれど眠ったようだ。

午後から夕方にかけてはゆったりと自由な時間を過ごす。今夜は独日協会主催の映画「大阪物語」を観に行くつもりにしていたのだが、せっかく訪れた1人の時間を楽しみたくて取り止める。

その替わりに前から見たいと思っていた映画「ウィンストン・チャーチル」を iTunes からダウンロードして観はじめた。この映画はアカデミー賞・メイクアップの部門で賞を受けたというので話題になったもの。

この映画の内容が全て真実ではない部分もあるだろうことはさておいて、言葉が伝える強い力というものを楽しめた。演説(スピーチ)はわたしも上手くなりたいと思う。時すでに遅しだが。(笑)

「昭和歌謡は終わらない」(近藤勝重著)を読了

2018年10月29日(月)・曇りのち雨/最高気温12度

8時起床。

どうも冬時間への切換がまだうまく出来ていない。これも歳のせいか?

朝食のあとブリギッテは体調を壊しているユリアを休養させようとヨハナを連れて買い物へ。その間わたしは早い昼寝。

午後も静かな時間で、読みかけの電子書籍「昭和歌謡は終わらない」(近藤勝重著)を読み続けて読了。

いつも書いているが、わたしはドイツに渡ってきた1977年(昭和52年)から以後の日本の情報がポッカリと穴を開けたように欠如している。この本の著者はわたしと同年代なので彼の持つ感性と重なる部分もだいぶあったので半分ほどは納得して読めて面白かった。

昭和歌謡というのはわたしにとって嫌いな部分が多い反面、それを無視することは出来ないものがある。そしてこの本に書かれている通りだとすると例えば松田聖子という歌手はわたしが日本をあとにしたあとデビューしたので、をわたしが知らないのは当然という事になる。^^; 

ヨハナが長い昼寝から覚めるのを待ってブリギッテは動物園に連れて行った。これも孫が産まれたら彼女が是非ともやりたかったことのひとつ。

しかし冬時間になったのを考慮に入れなかったからすぐに暗くなって動物園滞在は30分足らずとなった。わたしはもちろん送り迎えに駆り出される。

夕方はまた仕事を終えたアンナが来訪。ヨハナと遊ぶのが楽しみらしい。明朝はユリアとヨハナ、それにブリギッテも一緒に Regensburg に一泊するとかで同行する。明日からの数日はわたしも1人の時間が持てそうである。(^_^)

今日から日本との時差は8時間

2018年10月28日(日)・雨/最高気温3度

8時起床。

夜中の2時に夏時間が終わり冬時間に切り替わった。ということは昨日までよりも1時間長く眠っていられるということ。隣の部屋に寝ている一歳半のヨハナはそんなこと知っちゃこっちゃないから、これまで通りに目覚めて起こされるだろうなと思っていた。

しかしなんと、冬時間に切り替わったのを知っているかのように1時間遅く目覚めてくれた。(笑)

朝食の後わたしは再びベッドに戻り40分ほど眠る。睡眠時間が少なかったと言うよりはなんだか頭の中がゴチャゴチャに混乱してしまった感がある。

わたしとブリギッテは12時半から旧同僚の女性(80歳)に昼食に招待されていた。場所はわが家の近くにあるイタリアレストラン“Antica Trattoria”。わたしは早い昼寝をしていたので大丈夫だったが、ブリギッテは途中で眠くて困ったそうだ。

午後3時過ぎに帰宅してわたしはまたまた昼寝。というのも19時半から始まる Nationaltheater のバレエ Jewels | Bayerische Staatsoper の切符をいただいていたから。やはりスッキリとした体調で臨みたい。

夕方からわが家はアンナ、カローラ夫妻、も来ていて賑やかになっていたので、わたしは外に出ることが出来てホッとした。^^; ここしばらく1人になれる時間が少なくてちょっとストレスが溜まっている。

冷たい雨の降る中を出掛けたバレエ公演は、わたしにはとても退屈に感じられた。わたしだけかと思っていたらブリギッテもそうだったらしい。ストーリー性のないバレエは難しい。