« 雨模様 | Main | つかの間の夢 »

2009年09月18日

眼科医

金曜日・曇り / 外気温21度
7時起床。合唱の休日。曇り空で始まった一日だったが、最後まで雨は降らなかった。午後には久しぶりに森の中の散歩に出掛ける。

数日前から右目に異常を感じていたので、今朝9時に眼科医を訪れる。出勤前に週末の買い物を済ませたいブリギッテと一緒に家を出る。検査の結果はやはり老眼が進んでいて、現在使っている眼鏡が合っていないとのことだった。右目の不快感は眼球の乾燥から来るものだそうで、目薬の処方箋を貰ってくる。人間の身体も60年も使っているとどこかしら不具合が出てくるのは仕方のないこと。(^_^;)

眼科医のあと、ブリギッテが野菜市場の前に停めておいた車に乗って帰宅。購入したものを冷蔵庫や冷凍庫に仕分けして収納。そのあとコーヒーを飲んでホッと一息つく。メールチェックと Blog の巡回をする。

散歩がてら、そして昼食を外で食べることにしてお昼頃に家を出て眼鏡店へ。いつもの眼鏡チェーン店 Fielmann に行くつもりでいたのだが、気が変わって Rosenheimerplatz 近くの眼鏡店に飛び込みで入ってみる。老眼鏡だからデザインなどには余り気を遣わずに、掛け心地の良さだけを考えてフレームを選んだ。驚いたことに明日の午後には出来上がるそうである。(^_^)

昼食は久しぶりにドイツ料理を食べたかったので、 Max-Weber-Platz 近くのビアホール Hofbräu Keller へ行くことにした。 Rosenheimerplatz からは歩いても10分ほどの距離である。頼んだのは Jungschweinebraten 。付け合わせはジュガイモのクネーデルと酢キャベツ。それにビール。お肉は軟らかくて、かりっと焼き上がった表皮とちょっとした脂身の部分のバランスが良かった。ビールの温度も完璧で満足。ちょっと古めかしい昔ながらのバイエルン風の広い室内が心地よい。

帰宅する頃にちょうど眠気がさしてきて、40分ほどの昼寝を楽しんだ。夕食はカローラとボーイフレンド、それにアンナも加わって賑やかなものとなる。ブリギッテがせっかく料理してくれたのにわたしは余りお腹が空いていなくてそれほど食べられなかった。