« 悪天候も音楽が癒してくれた | Main | すっかり秋の日和ー快晴 »

2010年09月01日

9月が始まる

水曜日・曇りのち晴れ / 外気温16度
7時50分起床。今日から9月。久しぶりに8時近くまで通して眠れた。昨日は昼寝をしなかったからかもしれない。まだ夏休みは2週間残っているのだが、そろそろ新しいシーズンに向かってゆるやかにシフトしていこうかと思っている。

8時過ぎにブリギッテを送り出してから一人で朝食。今日は朝食の前にちゃんとシャワーを浴びて髭も剃った。朝食のあとはここ数日と同じペース。10時を過ぎた頃に MacBook Pro 15(Mid 2009)の蓋を閉めて散歩に出掛けた。

8月は意図して歩くことを止めていた。もちろん歩数計も身に付けずにひと月を過ごす。しかし今日から徐々にまた 一日一万歩 のペースに戻していこうと思っている。

散歩から戻って昨日の残りの麻婆豆腐で簡単に昼食。そのあと、昨日届いた Sawallisch/Staatskapelle Dresden の演奏するシューマンの交響曲全集を聴く。今日は第2番。

昨日はスピーカーからの音を聴いたのだが、今日はヘッドフォンで聴いてみた。わたしの使っているヘッドフォンはスピーカーと同じく静電型の STAX 製で、今となっては古い機器だが不満は感じていない。同じ静電型だからということもあるが、スピーカーと同じような音がした。(笑)

ドイツでも普段 FM 放送から流れてくるシューマンの交響曲の中ではやはり第1番の「春」と第3番の「ライン」を耳にすることが多い。今日は第2番の交響曲をじっくり聴いてみようと思った。

昨日も満足して聴いた Staatskapelle Dresden の響きが今日もわたしを幸せにしてくれた。フォルテッシモでもそこにはまだ余裕の空間が感じられて、聴く者に不要な緊張感を与えない。これぞ本物のプロの仕事だ。特に第2楽章を聴いている数分間は体調と天候の良い時に飲む上質のシャンパンを連想させてくれた。第3楽章のゆったりとした物憂げな表情はわたしを優しくスコットランドの曇り空の下に運んでくれた。

第3番も続けて聴くつもりでいたのだが、それは後日に回すことにする。な〜に、明日からも時間は充分あるのだからそんなに急ぐことはない。(笑)

冷蔵庫の中には大きな茄子が1個と、昨日も使ったがまだ半分ほど残っているシャンピニオンがあった。今日はそれにピーマンを加えて 茄子とピーマンとシャンピニオンの味噌いため を作った。赤唐辛子のピリッとした辛さが食欲を増してくれる。

ちょうど作り終わった時に呼び鈴が鳴ったのでブリギッテが帰宅したかと思って扉を開けたら、先頃引っ越していった隣家の奥さんだった。近くの歯医者に来たので顔見せに立ち寄ったのだと言う。ほとんど時を同じくしてブリギッテも帰宅したので、それをおつまみにしてわたしは Weißbier 、ブリギッテは赤ワインを飲みながら接待。彼女は歯医者で麻酔を打っていたので最初は食べられないと言って断っていたのだが、われわれ夫婦がおいしそうに食べるので、つられて食べ始めた。大丈夫かな。(笑)

彼女が8時過ぎに帰ったあと、わたしはいそいそと MacBook Pro 15(Mid 2009)の蓋を開けて今日のアップルの新製品発表の実況を途中からではあるが見始める。終わったあともまだ全体像が理解できていないが、ストリーミング放送の画質・音質の良さに驚いた。フル・ディスプレイ表示にしても全く画質が落ちない。素晴らしい!今回アップルが示したかったのは新製品の数々よりもこちらの方ではないのかと勘ぐったほどそれは素晴らしかった。

全てが終わったあと、幸いにも再放送をしてくれているようなので、それを見ながらこの日記を書いている。個々の新製品の評価は明日からさまざまなサイトで出てくるだろう。それを読むのが楽しみだ。