« "PABLO" 、去る | Main | 急に食べたくなった料理二品 »

2010年11月19日

"Aida" の四回目

シリーズ4回目の公演。ソリスト陣は前回と変わらず。

今日は2幕で捕虜と民衆の二つのパートを歌うことになってしまった。というのは、前回の公演でエキストラ・コーラスが歌う捕虜の部分が空中分解してしまったのだ。わたしはその前の演出まではいつも捕虜の役を歌っていて、今回の演出から民衆の役に移っている。

一昨日、合唱指揮者から電話があって、今日の公演では出来れば捕虜の役も歌って欲しいということだったので、引き受けた。民衆の衣装のままで歌うのはちょっと引っかかったが、大した問題ではない。たぶん次回もそうなるのだろう。

Besetzung

Musikalische Leitung: John Fiore
Inszenierung: Christof Nel
Konzeptionelle Beratung: Martina Jochem
Bühne: Jens Kilian
Kostüme: Ilse Welter-Fuchs
Choreographische Arbeit: Valentí Rocamora i Torà
Licht: Olaf Winter
Chöre: Sören Eckhoff
Dramaturgie: Olaf A. Schmitt

Amneris: Luciana D'Intino
Aida: Micaela Carosi
Radamès: Walter Fraccaro
Ramfis: Anatoli Kotscherga
Amonasro: Lado Ataneli
Der König: Steven Humes
Ein Bote: Kenneth Roberson
Eine Priesterin: Angela Brower

Bayerisches Staatsorchester
Chor der Bayerischen Staatsoper

Aida から2010年11月19日に引用