« 夜の公演は病欠 | Main | "Parsifal" とラーメン »

2011年04月17日

"Parsifal" の2回目

今回のシリーズ二回目の公演。一回目は14日にパリで行われた演奏会形式だったから、実質的には今日が一回目だという感じがする。ソリスト陣はパリでの時と変わっていない。

このオペラはやはり舞台に掛けて初めて良さが分かる。音楽への感情移入を音だけではなくて身体全体で表現できるということの歓び。これは観客席に座って聴いている人にも伝わっていると思うのだ。

Besetzung

Musikalische Leitung: Kent Nagano
Chöre: Sören Eckhoff

Amfortas: Michael Volle
Titurel: Steven Humes
Gurnemanz: Kwangchul Youn
Parsifal: Nikolai Schukoff
Klingsor: John Wegner
Kundry / Stimme aus der Höhe: Angela Denoke
Erster Gralsritter: Kevin Conners
Zweiter Gralsritter: Levente Molnár
Erster Knappe / Erster / Zweiter Knappe: Tölzer Knabenchor
Dritter Knappe: Ulrich Reß
Vierter Knappe: Kenneth Roberson
Klingsors Zaubermädchen: Hanna-Elisabeth Müller
Laura Tatulescu
Gabriela Scherer
Evgeniya Sotnikova
Angela Brower
Okka von der Damerau

Bayerisches Staatsorchester
Chor der Bayerischen Staatsoper

Parsifal から2011年4月17日に引用