« そろそろ年の瀬が近いのを感じる | Main | 妻はクリスマス・パーティに »

2011年12月17日

Turandot の5回目

シリーズ5回目の公演。配役は前回と変わらず。 Zubin Mehta が指揮するのはこのシリーズでは最後。次回のシリーズ最終回は Asher Fisch が振る予定、そしてリュー役は Eri Nakamura さんが歌うようだ。楽しみである。

今夜も舞台機構のミスが数カ所見受けられた。技術陣の方も回を重ねてきて少し緊張感が不足しているのかもしれない。事故に繋がるようなミスでなかったのが幸い。

わたしの見るところ、リューを歌っている Ekaterina Scherbachenko の歌唱が回を重ねるごとに不安定になっているようだ。演出の要求が歌に沿ったものではないことと、 Zubin Mehta のテンポにも違和感を感じているような風が見える。こういう壁を突き破って一流の歌手が生まれていくのだが、なかなか難しいものである。

Besetzung

Musikalische Leitung: Zubin Mehta
Inszenierung: Carlus Padrissa – La Fura dels Baus
Bühne: Roland Olbeter
Kostüme: Chu Uroz
Video: Franc Aleu
Licht: Urs Schönebaum
Produktionsdramaturgie: Andrea Schönhofer
Rainer Karlitschek
Chöre: Sören Eckhoff

La principessa Turandot: Jennifer Wilson
L'imperatore Altoum: Ulrich Reß
Timur, Re tartaro spodestato: Alexander Tsymbalyuk
Il principe ignoto (Calaf): Marco Berti
Liu: Ekaterina Scherbachenko
Ping: Fabio Previati
Pang: Kevin Conners
Pong: Emanuele D'Aguanno
Un mandarino: Levente Molnár
Il principe di Persia: Francesco Petrozzi
Extra-Chor: Extrachor der Bayerischen Staatsoper

Bayerisches Staatsorchester
Chor der Bayerischen Staatsoper

Turandot から2011年12月17日に引用