« 妻はクリスマス・パーティに | Main | 長女の作る料理を楽しんだ »

2011年12月18日

La Bohèmeの1回目

今夜からクリスマスに向けて3回にわたるシリーズが始まった。久しぶりの La Bohème だがこの作品が年末の定番となっているオペラ劇場は多いだろう。なんと言っても舞台設定が今の季節にドンピシャリだし。

今夜のソリスト陣の中には際だって目立つスターはいなかったけれど、バランスの取れた良いアンサンブルだった。ロドルフォを歌った Wookyung Kim の歌唱も安定していてとても立派だった。

Besetzung

Musikalische Leitung: Dan Ettinger
Inszenierung: Otto Schenk
Bühne und Kostüme: Rudolf Heinrich
Chöre: Stellario Fagone

Mimi: Maria Agresta
Musetta: Anna Virovlansky
Rodolfo: Wookyung Kim
Marcello: Levente Molnár
Schaunard: Christian Rieger
Colline: Goran Jurić
Parpignol: Kenneth Roberson
Benoît: Alfred Kuhn
Alcindoro: Rüdiger Trebes
Ein Zöllner: Tareq Nazmi
Sergeant der Zollwache: Peter Mazalán

Bayerisches Staatsorchester
Chor der Bayerischen Staatsoper

La bohème から2011年12月18日に引用