風のおかげで暑さも凌げた

2019年6月30日(日)・快晴/最高気温34度

7時半起床。

今日もミュンヘンは真夏日の34度という気温だったが、けっこう強い風が吹いていたので日中は家の中にさえいれば快適だった。

日中は窓という窓を開け放して住まいの中に風を通す。ヒンヤリとしている下の部屋の窓も半開きにして空気を入れるとちょうど良いくらいの室温になった。

久しぶりに独日協会の「会報」にしっかりと目を通す。

昼食は素麺を茹でて冷たくして食べた。タップリとネギの薬味と海苔、タンパク質源として燻製のマスを添える。

IMG 2219

喉ごしの快感につられたのと、ブリギッテが思ったほど食べなかったから、わたしは食べ過ぎて満腹。そのあと45分の昼寝を楽しんだ。

午後から夕方にかけてレンタル映画「ファウンダー / ハンバーガー帝国のヒミツ」を観る。後味の悪い映画だった。

91iD0giR+nL SX600

夕食は再びテラスで。家庭菜園で採れた野菜サラダに小エビのニンニク炒めを乗せたものでまあまあの味。
22時すぎの就寝。

甥子が帰っていった

2019年6月29日(土)・快晴/最高気温28度

7時30分起床。

起き抜けに洗髪をしてスッキリ。甥子が泊まっているので朝食用に焼きたてのパンを買いに行く。途中の Tram で日本人のお母さんとその子供2人と同席になる。この親子は日本人補習校に行く途中だった。

ミュンヘンには土曜日に日本人学童のための補習校がある。わたしの娘たちはドイツの学校だけだったけれど、日本人のお母さんたちは子供達を補習校に通わせている人が多い。今朝の子供達2人も日本語の会話は支障なく出来ていた。

買ってきたパンをテラスでおいしく食べる。今日も朝から素晴らしいお天気で午前中は空気もそれほど暑くないので気持ちが良い。

甥子は14時過ぎの列車で Achen まで帰るのでその前にブリギッテは彼を連れて11時頃からお墓参りに出掛けた。

1人になったわたしはそのあとしっかりと昼寝。

目覚めてから本を読んだりしていたが集中出来ずに活字を追っていても頭に入ってこない。

夕食はご飯を炊いて「マグロの照り焼き」「茹でトウモロコシ」「ゆで卵」というなんとも統一感のない食事。要するに冷蔵庫の残り物料理である。

食事の時に「今回甥子はなんの目的でミュンヘンに来たのかな」という話になった。特別用事があったわけではないようなので、なにか相談事があったのではとなんだかスッキリしない。

食後は21時半頃まで明るいテラスに座って本を読む。夏だけの贅沢だが、今年は蚊が気になる。それだけ暑い夏ということか。

マダニ (Zecke) に喰われたようだ

2019年6月28日(金)・快晴/最高気温28度

6時半起床。

ブリギッテの体調も、ほぼ回復したようで今日は予定通りに8時からの講義に出掛けて行った。わたしは1人で朝食。

昨日の夜に気がついていたのだが、右太ももの外側が虫に刺されたように赤く腫れあがっている。今朝になって急に気になりブリギッテに見て貰ったら「マダニ」(Zecke) が食いついているという。

食いついているマダニを皮膚から剥がす特別のピンセットで取り除いて貰い、その部分に虫刺され用スプレーを吹きつける。そのあと助言してくれた友人に奨められて家庭医のところへ行ってみる気になった。

家庭医はいちおう観てくれて、これ以上腫れが広がるようだったらまた来るようにということで一安心。

甥子は1人で朝食をとったあと大学の方の勉強なのか、静かに食卓で MacBook Pro を使って書き物をしている。

今日は快晴なんだけれど、昨日の包み込まれるような熱気がなくてサラサラした空気がとても気持ちが良い。最高気温が4度違うとこうも体感覚が快適になるかと驚く。午前中はテラスに座っていろいろなインターネット上の記事に目を通す。

甥子とブリギッテは昼食を大学のメンザでとる約束をしていたらしく、彼は12時過ぎに出掛けて行った。わたしは昨日の残りのカレーで昼食を済ませる。そのあと1時間の昼寝。

午後になるとさすがに陽差しも強くなり、庭に出てみるとジリジリと暑い。しかし日陰にいれば快適。

夕方は20時から始まる演劇 ” ELEKTRA ” を観にブリギッテは甥子を連れて出掛けていった。わたしは家に残りアイロン掛け(今日は少量)をし、陽が落ちてから庭の草花に水やりをする。

今日も暑い!

2019年6月27日(木)・快晴/最高気温32度

6時半起床。

7時過ぎに出掛けるブリギッテを送り出してから朝食。そのあとでシャワーを浴び、今夜から泊まる義妹の息子のベッドを整え、洗濯が終わった衣類を庭に干し、Bio のお店に買い物に行く。それほど暑くない午前中にできるだけ用事を済ませておく。

ブリギッテは11時過ぎに1度帰宅して住まいの掃除をし、お茶漬けを食べ、午後一時過ぎにまた午後の講義へ。

わたしは甥子と一緒に昼食(ブリギッテが買ってきた Pizza)を食べたあと昼寝。1時間以上も眠った。

目が醒めてからカレーを作りにかかる。ブリギッテはまだ本調子ではないので甥子と一緒に簡単に食べられるものを準備した。彼は日本のカレーが大好きな男なので彼が来た時には大抵カレーを作る。

18時過ぎの Tram で Nationaltheater へ。演しものは Kirill Petrenko が振る「サロメ」。

とにかくトラムの車内が半端じゃない暑さ。とてもじゃないがネクタイなどしていられない。

IMG 0914

今日は Festspiele 初日なので玄関の階段には赤い絨毯が敷かれて、ちょっと華やかな感じ。

IMG 0916

今夜の席は BALKON の一列目だったので指揮者の動きがとてもよく見える。

IMG 0918

1幕もののオペラなので22時前には終了。帰宅しての Weißbier がおいしかった。

Festspiele 初日の SALOME を観た

今夜は Festspiele の初日を飾る SALOME 。思いがけなく切符を1枚だけいただいた。本来ならブリギッテが行くべきなのだが、お腹の調子がまだ悪いということでわたしが代行。

Festspiele 初日ということできちんとした服装をして行こうと思っていたが余りの暑さにネクタイは勘弁して貰う。それはわたしだけではなく平土間の席でもノーネクタイの男性が目立った。

オペラの感想だけれど、音楽面では完璧だった。サロメを演じたソプラノの独壇場。そのほかの歌手陣も文句のつけようがない。

陰翳の深いそれでいて滑らかなオーケストラ。ちょうどわたしの席からは Kirill Petrenko の指揮ぶりがよく見えた。時にハッとするアクセントの付け方など感心しきりだった。

演出、舞台装置はもう少し荒削りな刺々しさのあるものであって欲しかった。整いすぎて清潔感さえ感じさせる舞台でわたしにはちょっと物足りない。肩すかしを食った感じ。

終演後のカーテンコールでもほとんどブーの声は聞こえず、ブラボーが支配したが余り熱のこもったものではなかった。

営業的には2時間足らずの休憩なしのオペラを初日に持って来たというのはいかがなものか。せっかく高い料金を支払い、華やぎ、着飾って来た観客は幕間を楽しみにしている人もいるんじゃなかろうかと思うのである。こちらも肩すかしを食らった感じ。

スクリーンショット 2019 06 27 12 21 09スクリーンショット 2019 06 27 12 22 02スクリーンショット 2019 06 27 12 24 49

本当に暑い!

2019年6月26日(水)・快晴/最高気温34度

8時起床。

さすがのブリギッテも今朝8時から始まる講義には出ないと腹を括ったようだったので、わたしも安心。

それからは徐々に下痢の症状は治まっていく。昨夜から服用している薬も効いているのかも知れない。

昼食はまだ不安が残っているようで、今日も「お粥」を希望してきた。塩の代わりにと永谷園のお茶漬けを掛けて食べ始めたが四分の三ほどしか食べられなかった。

そして午後4時から始まる講義も今日は行くのを諦めたらしい。

そのあと2時間ほどグッスリと眠れたのが良かったのか夕方からほぼ回復。夕食にはトーストとオムレツを食べたいと言うので、わたしが数駅離れたパン屋までトーストパンを買いに行く。

Tram の中は想像した通りの暑さでブリギッテがこんな日に外出しなくて本当に良かった。

夕食に食べたオムレツを乗せたトーストが良かったのか、普段どおりの元気さが戻ってきたようだ。

夕食のあとわたしは下の涼しい部屋であと2日で期限切れになるレンタルした映画「ドリーム」sを見る。

スクリーンショット 2019 06 26 22 20 46

これはひと月ほど前に iTunes でレンタルしておいたもので、飛行機の中で見てもう一度見たいと思っていた映画。

ブリギッテ、ダウン!

2019年6月25日(火)・晴れ/最高気温32度

7時40分起床。

昨夜、午前1時40分頃に「気分が悪い!」と隣で寝ていたブリギッテに起こされた。嘔吐と下痢が止まらないそうで、ベッドからトイレまで歩くのも辛そう。こういうときの薬はわが家には無いので応急措置として「太田胃散」を一袋飲ませる。それで少しは改善した様子。

わたしもそれから朝方までは眠れずにいたが7時頃から30分ほど寝入ったらしい。

朝食には乾パンと紅茶を飲ませ、またベッドに送り込む。彼女は今日16時から UNI で Klausur(テスト)があるのでなんとしてもそれまでに回復したいと言う。

その他に、Nationaltheater のオペラの切符が回ってきてそれを受け取りに行かなくてはならないというので、わたしが車で往復。その切符というのが Opernfestspiel の初日である “SALOME”

11時頃に帰宅したが、わたしも疲れて早い昼寝を一時間ほどする。

午後2時頃にブリギッテには「お粥」を炊いて、バナナを潰したものを食べさせる。これでだいぶ元気になった様子。

今日はあいにく真夏日の30度超えとあって、 Tram と地下鉄で UNI を往復するのはちょっと無理。15時過ぎに車で UNI まで送り迎えすることにする。

途中で薬局に立ち寄り応急の薬を購入。本来ならお腹を空にする下剤のようなものがいいのだろうけれど、1時間半の Klausur(テスト)の間にトイレに行くようになるのは避けたいので下剤とは反対の薬を買って服用。

わたしは彼女を UNI に送ったあといったん戻り、家の近所の家庭医を訪れて薬の処方箋を貰い、再び UNI へ向かう。17時45分に Klausur(テスト)は無事に終わったようでまずは良かった。ようやく家に戻り、彼女はオートミールのようなものを自分で作って食べ、ベッドへ。

今日は一日中車の運転手役を務めた1日だった。明日もまた同じように暑い日となるらしい。

今日から夏の陽気が続きそうだ

2019年6月24日(月)・快晴/最高気温29度

9時起床。

7時過ぎに玄関扉の「カチッ」という音を聞いた。ブリギッテが Regensburg に向けて出発したようだ。眠り足りない感じがしてまたベッドに戻り次に目が醒めたのは9時。旅の疲れか?

朝食をとったあとメールの整理などをしていたらいつの間にか1時間ほど過ぎていて、目の疲れを感じる。チロルでの2日半はほとんど MacBook Pro 15 を開かなかったからか意外と体調が良かった。やはりコンピューターの画面を1時間以上見続けるのは眼には良くないようだ。

外は素晴らしいお天気ではあるが暑そうだったので、今日は家の中に閉じこもる。

ブリギッテは21時近くの帰宅。ミュンヘン到着にあと5分という地点で路線になにやら問題が起こったらしい。21時頃の帰宅と鳴った。さすがに彼女は少し疲れた様子。

今週の天気予報を見ると連日30度近辺の気温が続くらしい。嬉しいけれど脱水症状にだけは気をつけなくては!

チロルから帰宅

2019年6月23日(日)・曇りときどき晴れ/最高気温22度

8時起床。

今朝もホテル脇に立つ教会の暴力的な鐘の音で起こされた。泊まった部屋が最上階の部屋なせいか暖房の効きすぎで夜は窓を半開きにして就寝。その結果、時刻を告げる鐘の音がダイレクトに飛び込んでくるというわけ。教会の背景の山容がいかにもチロル。

IMG 0839

しかしチロルであっても現代のこの時期、教会の鐘で時刻を知らせるということが必要なのだろうか?さすがに夜中には鳴らないけれど6時からそれが始まるのだ。

二日目の今朝はこちらもふてぶてしくなり、昨夜就寝したのが2時過ぎということも手伝ってそれから二度寝した。

朝食のあとこのホテルに泊まった招待客に別れを告げて出発。しばらく走ったところにある別のホテル Seelose に泊まっている女性をピックアップして一路ミュンヘンへと向かう。

帰路はガルミッシュ・パルテンキルヘンを通って走る道を選んでみたが市内の工事中による渋滞に遭った。これが無ければこちらのルートの方がチロルに行くのには近そう。

同乗者をミュンヘン市内で下ろしてわが家に帰宅したのは14時過ぎ。途中で買ってきたケーキとコーヒーを飲んでから旅行鞄の整理。そのあと40分ぐらいの昼寝をしてようやく運転の疲れが取れたようだ。

午後から夕方にかけてはチロル地方で写してきた写真の整理やら溜まっていたメールの整理などに時間を取られる。

夕食を食べたあとは少しゆったりとして、今日は早寝。

誕生祝いの本番

2019年6月22日(土)・曇りときどき晴れ/最高気温24度

8時起床。

このホテルの掛け布団がまだ冬用なのか昨夜は暑くて寝苦しかった。9時に朝食を終えて10時に遠足へ出発。

今日は招待客のうちの約30人が三班に別れて行動。ひとつはサイクリング班、もうひとつはハイキング班、そしてわたしとブリギッテが参加した班は老人向けのケーブルカーで山の頂上まで上がりその辺を散歩してまたケーブルカーで下りてくるというものだった。

ここで無理しても仕方がないのと、まだ左足太ももの関節に鈍痛があるので用心した結果の選択だった。

IMG 0895

頂上は標高2080mの高さで、まだ雪が溶けずに残っている。ケーブルカーで到着した時にはまだ視界が晴れていたのだが、1時間もしないうちに霧が立ち籠めてきて雨に替わった。そんな環境の中で飲む Weißbier はまた格別の味!

IMG 0900

ケーブルカーで下界に戻った時には晴れていたので頂上だけの天候異変だったわけだ。

ホテルに戻って30分ほど仮眠をしてから、今夜の誕生パーティが行われる別のホテルへと向かう。

まずはテラスで沈みゆく太陽に照らされながらのアペリチーフ。会場に入ってから本格的な料理が始まった。招待客は全部で60人強。

食事をとりながら、誕生日を迎えた本人の挨拶とか友人たちの祝辞とかがあってパーティは滞りなく進んでいく。料理はあまり変わりばえのしないもので、塩辛かったのが玉に傷だった昨夜の方が楽しめた。

お決まりの生バンドも入って食後にはダンスも楽しむ。深夜の12時過ぎにはチーズ、ソーセージ、なども出され、それを食べて解散。われわれが泊まっているホテルに戻ったのは午前2時を過ぎていた。

友人、70歳の誕生日をチロルで祝う

2019年6月21日(金)・曇り/最高気温24度

7時起床。

朝眼が覚めるとブリギッテはすでに UNI に行く準備を終えていた。彼女を見送ってからひとりでゆっくりと朝食。

彼女が帰宅するまでの時間を荷造りに費やす。今日は友人が70歳の誕生日を チロル(Ober Pettnau)/オーストリア で祝うことになっていて、二晩にわたって招かれている。

ブリギッテが帰宅したのは2時過ぎで、3時にもうひとり女性をピックアップしていくことになっていた。

チロルに着く頃にはもの凄い勢いの雨。車のワイパーを最速にしてようやく時速60kmで走行出来るほど。お客を同乗しているので細心の注意を払って運転する。17時過ぎに目的地のホテルに到着。

ひと休みして19時からの夕食となった。

今夜は彼の家族とごく親しい友人たちと一緒の食事。前夜祭のようなもの。夕食はボリュームたっぷりのフルコース料理だったが、残念なことにやけに塩辛かった。だが最後のメインディッシュである牛肉は味といい焼き加減といい絶品だった。

午前0時に6月22日と日にちが変わったピッタリの時間に友人の誕生日に乾杯。そのあと誕生日のケーキが出たけれどわたしはお腹が一杯で食べられなかった。

就寝は22日の午前1時20分過ぎ。

Ammersee に遊ぶ

2019年6月20日(木)・曇り一時雨/最高気温24度

7時半起床。

今日は先週の土曜日に市内のビアガルテンで飲んだ同じメンバーで Ammersee のビアガルテンに行く約束をしていた。11時に Pasing 駅で待ち合わせ、そこからメンバーのひとりが運転する車で目的地に向かう。

天気予報では午後2時頃から雨になるという予報だった。今日はそれがドンピシャリで的中。

IMG 0810

雨が強くなってきたので湖の向こう岸にある Andechs へ行って飲み直そうと走り出す。しかし雨脚は強くなるいっぽうで風も強く、Andechs には着いたものの駐車場からレストランまで歩くうちにずぶ濡れになるのは必至。そこを諦めてまたしばらく湖畔を走るうちに雨も小降りになってきた。

途中で Eresing, St.Ottilien などの静かな場所に立ち寄ったりしてアイスクリーム屋に入り一息つく。

そのあと、ひとりは明日の仕事があるというので S-Bahn で帰っていった。わたしは残り、今日の運転手を務めてくれた友人と夕食を食べにギリシャ料理店に入る。

ゆっくりとおしゃべりをしたあと Lochhausen の駅まで送って貰いそこから S-Bahn に乗った。帰宅は23時少し前。

すっかり身体が冷えきっていたので熱いシャワーを浴びて生き返ったよう。

暑い日の昼食は「冷やしうどん」

2019年6月19日(水)・快晴/最高気温30度

7時45分起床。

昨日よりも暑かったようだが、今日は街中へ出ることはなくほとんどの時間を家の中で過ごしたから、身体にはこたえなかった。

ブリギッテに頼まれた買い物があったので、午前中に車でスーパーまで走る。ついでにガソリンを満タンにし、故障したロボット掃除機 “Fritz” を Wertschtoffhof に捨ててきた。五年間よく働いてくれた。

帰宅して45分の昼寝。

ブリギッテは12時までの講義を聴いて帰宅。暑い日なので今日は「冷やしうどん」を作って待っていた。薬味はネギの小口切り、キュウリの細切り、海苔の細切り、そしてだし巻き卵。これは久しぶりに作った。茅の舎の野菜だしを使っておいしく出来た。

IMG 0793

まだ娘たちが学校に通っていた頃、今日のような暑い日には頬を真っ赤にして帰ってきて、氷水に浮かんだうどんを見ると歓声を上げたものだった。

15時過ぎにまたブリギッテは UNI へ。その間、溜まっていた洗濯物のアイロン掛け。そんなに量は多くなかったけれどテーブルクロスという大物があった。

夕食はブリギッテが買って帰ったパンで Kaltesessen 。夏の夕暮れにはこれもおいしい。

暑かった!

2019年6月18日(火)・晴れ/最高気温28度

7時半起床。

暑い1日だった。

朝食のあと9時半頃に家を出て美容院 Lilac へ。ここは日本人のご夫婦が2人で経営している。Candidplatz から近いのでわたしにとっては便利な店。ご主人のカットが気に入っていて今日で3回目になる。

それが終わってから友人と約束していた HAGURUMA へ。ここでは「海鮮ちらし丼」を食べる。おいしかった。

腹ごなしにとイザール河の向こう岸にある木陰でひと休み。最後にビールを飲んでから帰宅したのは15時過ぎ。

強い陽差しと楽しい時間、それに最後のビールで昼寝モードに突入。45分ほどグッスリ眠った。

ブリギッテは20時までの講義を終わって疲れて帰宅。簡単な夕食を済ませたあとはそれぞれに就寝までの時間を過ごす。

ひとり旅の計画

2019年6月17日(月)・晴れ/最高気温24度

7時40分起床。

暑くなく寒くなく気持ちの良い1日だった。午前中はゆったりと過ごす。ブリギッテは今日、聴きたい講義があるということで9時過ぎに出掛けて行った。しかし目的の講義は12時開始だとかでずいぶん早く着いてしまったので、図書館で勉強していたようだ。

わたしは13時過ぎに友人と会うために Rosenheimerplatz に出掛ける。コーヒーを飲みながら用事を済ませて15時前の帰宅。

ブリギッテも同じくらいの時間に帰宅。わたしはそれから1時間の昼寝。

夕方はいかのリング揚げとご飯で簡単に済ませる。そのあとひとり旅の計画を立て、7月に実行することにした。

夜はその計画を、ああでもない、こうでもないと考え続けるなかなか決まらない。まあ、急ぐことではないからゆっくりとやるつもり。

映画を2本観る

2019年6月16日(日)・晴れときどき曇り/最高気温21度

7時半起床。

今日は一日中だらりとしてなにかをしようというモチベーションが湧かなかった。左足太ももの外側の関節が歩くと痛むのでそれも憂鬱。

しかしグータラな一日になった原因はやはり昨夜のビール2リットルが効いている。自分の年齢を考えなくては。

午前中にベッドに入り少し眠った。朝食をタップリ食べたので昼のご飯時になっても全くお腹が空かない。

ちょっと休んでいる間にアイロン掛けの洗濯物がかなり溜まってしまっていた。ブリギッテのシャツ類が12枚、ズボンが2本、わたしのシャツが3枚を約1時間かけて片づける。そのあとまた眠くなってベッドに入り今度は一時間の昼寝。

目が醒めてから iTunes のレンタル映画「サリュート7」という宇宙飛行士ものを観る。楽しめた。

夕食はブリギッテが魚を料理した。ちょっと小骨の多い魚で食べづらい。違った料理法があるのかもしれない。わたしは醤油をかけて食べたが、するとやはり白いご飯が欲しくなる。

IMG 0787

夕食のあと片付けを終わって、寝るまでの間に Netflix の映画「いつかはマイ・べービー」というラブコメディを観る。これは先週のラジオ番組「アメリカ流れ者」で町山智浩さんが解説していたもの。他愛もない。

男三人でビアガルテンへ

2019年6月15日(土)・晴れのち曇り/最高気温25度

7時半起床。

今日はなにも予定が入っていないのでのんびりとした起床。ブリギッテは早朝から庭仕事に忙しそう。

朝食のあと彼女は UNI の講義の下調べ。わたしは庭の芝刈りを始めた。それは大したことではなくて30分ほどで終了。

昼食にと日清のチキンラーメンを食べ終わった時に知人からの電話。彼とは「そのうちにビールを飲みに行こう」という口約束をしていたのだ。彼の妻は日本人で現在は日本に帰国しているという。多分1人で退屈していたのかもしれない。

せっかくだからとこれも日本人女性と結婚しているドイツ人男性を誘い Augustiener Keller で17時に待ち合わせる。

お天気が心配だったけれど、幸いに雨は降らずに、歓談し22時過ぎの帰宅。各人2リットルのビアを飲んでとても楽しかった。来週の木曜日が祝日だからとまた会うことに決めたほど。(^_^)

帰宅した時にはずいぶん酔っている自分に気がついた。歳はとりたくないものだ。

Fritz Wunderlich の墓参り

2019年6月14日(金)・快晴/最高気温31度

6時50分起床。

暑い1日となった。昨日 Südfriedhof を訪れたのが気持ちよかったのに味を占め、今日は Waldfriedhof へ足を向けた。目的はわたしがお手本としたテノール歌手 Fritz Wunderlich のお墓。ドイツに来て以来、墓参りに行かなくてはと思っていて今日まで来てしまった。10時に家を出て Waldfriedhof には10時50分頃の到着。

お墓の場所を前もってインターネットで調べていたので、その場所はすぐに分かった。意外と日当たりの良い区画の角にそれは立っていた。彼の名前と享年、それに2016年に亡くなった彼の未亡人の名前だけが記されたスッキリとした墓だった。

IMG 0754

音大の学生だった頃にこのテノールのレコードを聴き、こんな歌手になれたらという夢を持った。わたしにとっての大事な人。

その同じ区画に作家のミヒャエル・エンデ (Michael Ende) のお墓もあるのに気がついてそこにもお参り。こちらは彼とか彼の作品を忍ばせる小道具類で囲まれたちょっと賑やかなお墓。

IMG 0762

12時を過ぎる頃になるとようやく陽差しも強くなり暑くなってきたので今日はここで切り上げる。墓地の入り口の向かいにあるイタリア料理店 Locanda Busent の中庭にあるビアガルテンで昼食をとることにする。食べたのは Spagetti Bolognese 、ビールは Franziskana Weißbier。

眼鏡店 Fielmann からメールが届いていて注文しておいた度付きサングラスが出来上がったというので、街中まで出る。このへんでかなり疲れを感じていた。

帰宅してから昨日と同じようにすぐにベッドに入り1時間ほどグッスリ眠る。

夕食のあとは熱いシャワーを浴びて今日1日の汗を流す。やはりお天気の良い日は気持ちが良い。

著名人のお墓参り

2019年6月13日(木)・快晴/最高気温24度

7時起床。

今日は朝から素晴らしいお天気。こんな日に家の中に閉じこもっているのは大いなる損失。出来れば緑の中を歩いてみたいと考えた。

そこで思いついたのはわが家からはそれほど遠くない Südfriedhof (南墓地)。1度ブリギッテと一緒に訪れたことがあるのだが、その時は冬の寒い時だったし彼女の興味の対象に付き合った形でちっとも興味が湧かなかった。

しかしこの墓地には19世紀を生きた著名人たちが多く葬られていていつかはじっくりと訪れてみたいと思っていた。

そこでまずインターネットで下調べをし、今日訪れたいお墓を絞り込む。

その墓地は Sendlingr Tor から歩いて6分ほどの距離にあって、墓地内に足を踏み入れるとそこは静かな別世界。

日本の幕末に滞在したシーボルトの墓もここにある。

IMG 0742

その他にも

・Fraunhofer Joseph von, 1787 bis 1826
・Gabelsberger Franz Xaver, 1789 bis 1849
・Gärtner Friedrich von, 1792 bis 1847
・Klenze Leo von, 1784 bis 1864
・Pettenkofer Max von, 1818 bis 1901
・Spitzweg Karl, 1808 bis 1885

などのお墓を巡る。

歩き疲れた頃にちょうどお昼時となり Sushi Gourmet まで足を運びお昼の定食を食べる。帰宅するなりベッドに倒れて爆睡。

ブリギッテは疲れた様子で16時過ぎに帰宅。昨日から左目の不調を気にしていて眼科医に診て貰ったら「結膜炎」ということだった。

夕食はほとんど酒のつまみと言えるようなものばかりを作る。今日の気候にはピッタリと思えるのでようやく頂き物の日本酒を開けた。四国のお酒らしいが、おいしい!今夜はよく眠れそうだ。

IMG 0753

ロボット掃除機が亡くなった

2019年6月13日(木)

2014年1月に購入したロボット掃除機が死んだ。製品はSamsung / SR8980 というもの。

Fritz

これまでに2017年1月に内蔵バッテリーを一度交換している。今回は2度目の交換。充電表示は FULL になっているのに、スイッチを入れると一旦はドックから離れようとするがそこで停止してしまうという現象が出た。

前回と同じようにバッテリーがへたっているのだと思いAmazonでサードバーティ製のものを購入。しかし症状は変わらなかった。

やはりサードバーティの電池は駄目かと、今度は SAMSUNG 純正のバッテリー(サードバーティの2倍ぐらい高い)を購入して装着してみる。しかし結果は同じ。

考えられる原因は、ベッドの下を掃除していて落ちていたイヤホンのケーブルが回転するブラシに巻きつき、ストップしていたことが何度かあったこと。何らかの部品が焼き付いたとか?

もう一つの原因で思い当たるのは4月に男児の孫が産まれたこと。このロボット掃除機は使っていると可愛くなるもので、これまで男子に縁の無かったわが家だからと ”FRITZ” と男子名を付けて使っていた。

ロボット掃除機 ”FRITZ” が男子の孫に嫉妬のあまり憤死したのではないか、というのがわたしの想像。

アップル製品を使っていて新しいモデルが出たのでそれを買うと、途端にこれまで使っていた製品がすねて故障する、というのは良く聞く話なので。(笑)

いなり寿司とオペラ

2019年6月12日(水)・曇り/最高気温19度

7時40分起床。

6時20分に1度目が覚めて食卓に来たら、すでにブリギッテが身支度を調えて食事中。「まだ、寝ててもいいんじゃない?」というお言葉に甘えてベッドに戻り一時間ほど眠った。

グッスリと眠ったせいか元気が出て昼食にいなり寿司を作っておいてあげようと、取りかかる。ついでにキュウリ、ニンジン、大根の浅漬けも作った。

IMG 0740

そのあと数日前から切れていた Weißbier を車で買いに行く。ブリギッテ用のノンアルコールのビールも購入。

昼食は12時半に友人と待ち合わせ久しぶりに金魚飯店へ。炒飯とサッパリとした野菜炒めを食べながら話が弾んだ。

そんなところに旧同僚の U さんから「今晩、オペラを観に来ませんか?」というお誘い。一も二もなくOKの返事をする。演しものは Lucia di Lammermoor。若い歌手たちが素晴らしいという。

15時頃に家に戻ってみるとブリギッテは12時までの UNI の講義を終わって帰宅していた。しかし昼食はメンザで食べてきたという。せっかく驚かせようと作ったのに残念。 WhatsApp で連絡すれば良かった。まあ、いなり寿司は夕食に食べればいい。

16時から再び講義のあるブリギッテとは18時半に劇場の楽屋口で待ち合わせる。そこで U さんに会いチケットを渡して貰う。彼はこのオペラに乗っていないのにわざわざ来てくれて感謝。

オペラの模様は別エントリにした。帰宅は22時40分。

Lucia di Lammermoor を観た

思いがけなく旧同僚の U さんからの突然のお誘いで観ることが出来た。

この演出は2015年1月29日に一度観ている。

Lucia di Lammermoor


舞台にカブリオレが出て来る演出はうっすらと憶えていたがその他は全く忘れている。余り好きな舞台ではない。

定年になって7年も経つので、今回は遠慮せずに思ったままを書いてみる。(年寄りの繰り言?)

歌い手はエドガルドを歌った Javier Camarena がピカイチだった。素晴らしく明るく輝きのある透明な声で力強さも兼ね備えたテノール。演技も悪くない。惜しむらくは容姿がもう一つ。

エンリーコを歌ったバリトン George Petean も健闘。

そして期待していたルチア役の Pretty Yende はこの役としてはごく平凡な歌唱。「昔は良かった!」という台詞は使いたくないけれど、今夜、この役に限っては Edita Gruberova の偉大さに思いを馳せた。

ひどかったのが Raimondo の Dario Russo で声は大きいのだが音程が全く定まらず、アンサンブルの場面で彼が入ってくると音楽がぶち壊しになった。演技も下手。この配役は疑問!

スクリーンショット 2019 06 12 15 55 29

スクリーンショット 2019 06 12 15 56 39

スクリーンショット 2019 06 12 15 58 01

ヨハナを送り届けてホッとする

2019年6月11日(火)・晴れときどき曇り/最高気温23度

7時40分起床。

今朝はヨハナと3人だけの朝食。午前中に彼女を送り届ける予定にしていたのだが、ブリギッテが彼女を動物園に連れて行きたいとい言う。

そこでヨハナの荷物などを予め車に積んでおいて動物園を見たあと、その足で Regensburg に向かうことにした。

13時近くにブリギッテから電話があって家を出る。彼女たちをピックアップし Regensburg に向かった。2人とも疲れたのか車の中では眠っていた。

Regensburg に着き、ヨハナを無事に両親に渡してホッとする。一時間ほど休憩をとり München へ向かう。今回も心配していた渋滞にはぶつからずスムーズに走ることが出来た。

ブリギッテは暗記に使う「単語帳」を MUJI で買いたいというので市内の U-Bahn の駅(Nordfriedhof) で下ろす。そこから帰宅までの市内の道がかなり混んでいた。

帰宅してわたしはすぐにベッドに横になる。流石に疲れた。ブリギッテは18時過ぎに帰宅。今夕は近くのビアガルテンに行こうと予定していたのだが、2人とも疲れているし、お天気もそれほど良くないのでわが家のテラスでの Kaltesessen になった。

明日からはまた普通のリズムで暮らせるかな。

ヨハナの滞在二日目

2019年6月10日(月)・晴れ一時雷雨/最高気温26日

7時40分起床。

昨日同様に朝食のパンを買いにヨハナを連れて出掛ける。それからあとのちょっとした出来事は後日別エントリにする。

午前中にアンナとカローラはヨハナを連れて近くの公園に遊びに行く。そのあいだ、わたしは早い昼寝、そしてブリギッテは UNI の予習。

午後は快晴に近い良いお天気になったので今度はブリギッテがヨハナのお相手をして庭で遊ぶ。

夕食はヨハナを連れて近くのビアガルテンに行こうと予定していたのだが、18時近くになって空が急に暗くなり風が出てきて激しい雨が降り出した。もちろんビアガルテン行きは中止。

ミュンヘン市の北の方はテニスボール大のヒョウも降ったらしい。下の写真はそこに住む親類から届いたもの。

Hagel

急遽ブリギッテが Königsbergerklopse を作り白いご飯を添える。お腹が空いていたものかヨハナはすごい勢いで食べていた。(^_^)

しっかり汗をかいたヨハナをシャワーできれいにし、20時頃にベッドに寝かせる。ベッドに入ってからもすぐには眠りにつかず一時間ほど独り言を言ったり、機嫌よく歌を歌っているのがベビーホーンから聞こえてくる。(笑) 

Johanna im Bett.m4a

小さい子供の面倒をみるのは楽しいけれど大変。

ヨハナの世話を楽しんだ1日

2019年6月9日(日)・晴れのち曇り/最高気温26度

7時起床。

気持ちの良い日曜日の朝、朝食のパンを買いにヨハナを連れて Tram に乗りパン屋を往復する。ちょっと緊張気味のヨハナだった。先月会った時よりもかなり言葉もはっきりしてきたので、かなり意思の疎通が出来る。

祝日なので仕事が休みのアンナも朝食に参加して、そのあと森の中にある小さな遊園地に3人で出掛けて行った。わたしはその間にベッドに横になり眠ろうと思ったが寝付けなかった。

昼食はテラスで彼女の好物のひとつである Pfankuchen(クレープのようなもの) を楽しむ。流石に疲れたのか、ヨハナはそのあとはおとなしく昼寝のベッドへ。

午後からカローラも来訪。彼女のお腹もずいぶん丸くなってきた。ちょっと暑いかなと思ったが森への散歩に出掛ける。今日はゆっくりと歩いたのでウォーキングとは呼ばないことにする。

帰宅してからわたしは本格的な昼寝。気持ちが良かった。

夕食はテラスでバーゲキュー。おにぎりを作ってあげたらヨハナはおいしそうに食べていた。21時過ぎに彼女を寝かせてようやく今日も終わるかと思ったら、カローラ宅を往復することになってしまった。

彼女は今晩わが家に泊まる予定で来たらしいが、毎日服用する大事な薬を家に忘れて来たという。そこでカローラ宅まで往復して22時半の帰宅。夜の運転はちょっと疲れる。

ヨハナを迎えに Regensburg を往復

2019年6月8日(土)・曇りのち晴れ/最高気温20度

6時起床。

今日から火曜日までヨハナを預かるので午前中に Regensburg に向かった。今日は先日新しく作った眼鏡のテストも兼ねてわたしが往復を運転。ブリギッテには車中ヨハナの相手をして貰った。

両親と別れてからヨハナに泣かれるのではないかと危惧していたが、それは杞憂に終わってホッとする。帰宅してからヨハナに昼寝をさせるのと同時にわれわれも昼寝。やはり疲れた。

午後からお天気も良くなってきて気温も上がり始める。昼寝から覚めたヨハナは機嫌よく遊んでいた。

夕方からアンナが手伝いに来てくれた。ずいぶん前にブリギッテが今夜の Volstheater の切符を買ってあったのだ。わたしひとりでもヨハナを寝かせつけるのは出来るけれど、正直言ってアンナが来てくれたのは助かる。

今夜はできるだけ早寝するつもり。

「認知症セミナー」終了

2019年6月7日(金)・快晴/最高気温27度

6時40分起床。

明け方の4時過ぎに目が覚めてから再び眠れずにベッドの中でポッドキャストを聞いていて朝を迎えた。それでも今日は疲れを感ぜずに予定したことをこなすことが出来たので気分が良い。

7時過ぎにブリギッテを送り出してから1人で朝食。そのあと少しだけアイロン掛けをする。11時過ぎに家を出て Fielmann へ向かう。そこで度入りのサングラスを注文

そこからセミナー会場へ。時間がタップリとあったのでその前にトルコの店で昼食。

「認知症セミナー」は今日が最後で6回目。首尾よく修了証明書(Zertifikat)を貰う。これでバイエルン州内であればどの施設でも認知症患者へのボランティア活動が出来る資格を得たことになる。

Zertifikat für Demenzhelfe

一息ついたあと 19:15 開演の映画を観に Hans-Sachsstr.7 にある小さな映画館 Arena に向かう。独日協会からのすすめで日本映画 Ramen Shop を観るため。

Images

この映画のストーリーは陳腐なお涙頂戴物で少し失望する。もう少しラーメンに関する動画が見れると思ったが、ほとんどはシンガポール料理の映像で当てが外れた。しかし、シンガポール料理はおいしそう! 機会があれば試してみたいが辛そうだ。帰宅は21時45分。

一日中街中にいたが疲れなかった

2019年6月6日(木)・曇り/最高気温20度

6時40分起床。

曇り空の1日で気温も20度までしか上がらなかったから、4日間続いた暑い日を忘れることが出来た。昨日までは日本の夏だとこのお天気がひと月は続くわけだから大変だなぁと思っていた。

ブリギッテは7時過ぎに家を出て UNI へ。講義は10時までだったので早い帰宅。わたしは朝食をとったあと午前中は外出しないつもりだった。しかし彼女の外出の理由を聞いてエスコートすることにする。

幸い何事もなく用事が済んだあと Y.Suzuki さんのお店で昼食。お店に入ったのは13時頃だったのでお昼の定食はすでに完売していた。そこでわたしは普通のメニューから「てりやき丼」(9.5€)ブリギッテは「蕎麦+野菜サラダのゴマソース掛け」(9.5€)を選んだ。どちらも試してみたがおいしい。この値段だと高くはない。

午前中の街歩きで疲れていたので、食べたあとはブリギッテと一緒に帰宅して昼寝しようと思っていたのだが、今日は第1木曜日なので旧職場の旧同僚達のお茶会がある日。ブリギッテに「月に1回しかないのだから出席しなさい」と言われてそうすることにした。

病気の人もいたりして今日の出席者はわたしを含めて5人だけ。しかし話が弾んで眠気も吹き飛んだ。(笑)  例えば爆撃で壊れた Nationaltheater が再オープンしてしばらくしてからエリザベス女王夫妻が訪れた時の思い出話とか。

その時の演しものは Der Rosenkavalier(バラの騎士) で出演者一同が開演前に Königsloge(王侯が座った貴賓席) の前でご挨拶をし、その中にはわたしの大好きな FRITZ WUNDERLICH の若き日の姿もあったとか。

5時頃にお開きとなり、わたしは SendlingerTor の駅までブラブラ歩いてそこから地下鉄に乗り帰宅。

ブリギッテと夕食は特別に作らないようにしようと話し合っていたので、帰宅してからはサラミソーセージとチーズ、柿ピーで Weißbier を飲んで済ませる。

イヤ〜、暑かった

2019年6月5日(水)・快晴/最高気温29度

6時40分起床。

イヤ〜、今日は暑かった!

ブリギッテを送り出した後わたしは食料品を買いに久しぶりで EDEKA と ALDI に車を走らせる。今週はブリギッテが UNI の方で忙しいのでわたしが替わった。

実はブリギッテの買い物についていくことはあっても自分ひとりで買い物をしたことはあまりない。なので早朝からちょっと緊張気味。(汗)

しかし今はかなり便利な買い物用のアプリがあってずいぶん助かった。それは “Bring!” という iPhone 用のアプリ(無料) でじつに良く出来ている。

Bring! Shopping List for iPhone, Android, Web, Alexa and Google Assistant

今でも絶えず改良されているようでどんどん良くなっている。

その特徴はわたしとブリギッテ双方のiPhoneにこのアプリをインストールしておくとインターネット経由でそれがシンクロされる点である。目的の品を購入したらその時点でそれをクリックすると画面から消えて、それが即座にブリギッテのiPhoneからも消える。その逆ももちろん可能である。

したがってそれぞれのiPhoneにインストールされている “Bring!” を開くと何を買ったか、また何を買っていないかが一目で分かるので重複することがない。

アプリの中には購入したいアイテムがすでに網羅されていてそれをタップすればその時の買い物リストに加わる。はそこにない品は自分でも加えることが出来るから困ることはない。

加えて最近は Amazon のスマートスピーカーに
“Alexa, öffne Bring”(アレクサ、Bring を開いて)

と呼びかけてから

“füge ….(品物) hinzu”(品物を加えて)
と命令するとiPhoneのアプリの中に品物を加えてくれるようになった。iPhoneを開いてタップする必要がないのだ。これは便利で思いついた時にはすぐに利用している。

買い物から戻ってから少し休んで Rosenheimerplatz まで出た。昼食に Döner Kebab を食べて、その足で眼鏡屋の Fielmann へ行こうと思ったのだ。

しかし、今日の暑さは尋常ではない。 Tram の中はサウナのよう。 Döner Kebab をおいしく食べたあとは予定を変更してまっすぐ帰宅し、昼寝をした。

ブリギッテは暑さと疲れでグッタリとした表情で19時前に帰宅。夕陽が落ちかけるテラスに座って簡単な Kaltesessen を夕食とし今日も終わる。

「認知症セミナー」の5回目

2019年6月4日(火)・快晴/最高気温28度

7時半起床。

今日も快晴。しかし昨日よりは湿度が高くなさそうで過ごしやすい。身体が暑さにもう慣れてしまったのかもしれない。

朝食のあとブリギッテは整体体操教室へ。わたしは少しだけ溜まっていた衣類のアイロン掛け。

今日は「認知症セミナー」の5回目があるので12時過ぎに家を出る。

今日はこれまで学んだことを大まかにまとめる形で、グループディスカッションもあったりして、とても意義深いものだった。

予定していたよりも早く17時過ぎに終了したのでちょっと嬉しい。まっすぐに帰宅してまだ太陽の光が残っているテラスで Weißbier を傾ける。至福の時。

ブリギッテは20時近くまで UNI の講義があり遅い帰宅。冷凍の枝豆を茹でておき、彼女が帰宅してから野菜炒めを作った。今日はトリ肉とエビ入りのちょっと豪華版。

IMG 0683

ひとりの1日を楽しむ

2019年6月3日(月)・快晴/最高気温29度

6時40分起床。

早起きして7時過ぎに Regensburg に行くブリギッテを見送る。それからあとはわたしひとりだけの誰にも邪魔されない時間。(^_^)

冷凍してあったクロワッサンを取りだし簡単な朝食。11時頃から Rosenheimerplatz の中国人の店に買い物に出掛ける。外へ出てみるとかなりの暑さ。特に Tram の中はムワッとして真夏のようだ。

野菜とか冷凍のエビとかみりん、米酢、などでかなり重い荷物になった。昨日もブリギッテと相談したのだが、われわれの日常生活にまだ自動車は必要なんだろうかと考える。老人2人だけの生活だったら車はもう要らないのかもしれない。だんだん運転するのが億劫になってきているのは事実だから。

買って来た日本蕎麦を茹でて、大根おろしとネギの小口切りを薬味にざる蕎麦とした。今日のような暑いくらいの日にはおいしい。

そのあと1時間の昼寝。

昼寝から覚めたあとは下の部屋に行き、久しぶりに LPレコードを聴く。それを4枚ほど聴いたところで少し疲れてきた。

ブリギッテは20時頃の帰宅。夕食には焼きソバを作ろうと用意していたのだが、彼女が Regensburg でハム、ソーセージ、パン、を買ってきたのでそれで済ませる。昼間に新鮮な山芋を買っておいたのでそれをすりおろしてワサビ醤油で前菜とした。おいしかった。

整髪料のこと

整髪料を使ったのはまだ日本にいた時で、資生堂の MG 5 とか「バイタリス」とかを使っていた。20歳代のあの頃は髪も真っ黒で量が多く、整髪料なしではなんともまとまりがつかなかった。しかしドイツに来てからの42年間はその種の整髪料を使ったことがない。

それには2つの理由があって、こちらでは余り身なりに気を使わなくてもよい環境だったこと。周りの若い人を見ても全くと言っていいほどお洒落をしているという人は目につかなかった。奨学生という身分だったから勉強に集中していて格好などに気を使う余裕がなかった。

2つ目はやはり乾燥した空気のせいかもしれない。髪の毛が湿気を吸って重くなるということはなく、いつもサラサラしているのだ。

しかし、この年齢(72歳)になって髪の毛も後退し、薄くなり地肌が見えるようになってきた。毛髪自体も細くなってきている。

家の中にいるぶんには全く気にならないのだが、外へ出て人に会う時などは相手が不快になるのではないかと気になる。そこで数十年ぶりに整髪料を使ってみようかという気になった。

しかし捜してみるとポマードのようなものは見つかったのだがあれはベトベトしすぎていて嫌いである。液体状で髪を整えてくれるものが欲しいのだが、ドイツには存在しないのだろうか。ドラッグストアの店員に聞いても地肌をマッサージする時につけるものを奨められて埒があかなかった。

そんなことをブリギッテに話したら NIVEA の製品を買ってきてくれた。これって、ポマードじゃないの?と思ったが使ってみるとそれほどベタベタしない。容器を見るとベタベタ度に段階があるようでこれは中間ぐらい。

31tOOcVSzCL

しばらく使ってみるつもりである。

ようやく夏近し

2019年6月2日(日)・快晴/最高気温27度

8時起床。

ブリギッテは朝食のあとすぐに下の部屋に座って UNI の予習。わたしは近くのkioskに届いていたロボット掃除機のバッテリーを受け取りに行く。

今回注文したバッテリーはサムスンの純正バッテリーなのでこれで駄目なら本体の故障という事になる。午前11時頃だったが、外へ出るとムワッとした暖かい空気。やっと初夏が来たようだ。

帰宅して早い昼寝をする。ブリギッテは午後2時に近くの友人宅にお茶に招かれていた。

眼が覚めてしばらくするとロボット掃除機のバッテリーが満充電になっていたので早速試して見る。結果は NG 。明日か明後日には返品しなくては。

わたしは家に残って友人が貸してくれた岩波新書「羊の歌」(加藤周一著)を読み始める。しかし、新書版の文字がちょっと小さくて辛いのでKindle版をダウンロードしてそれを読み始めた。

41o1zUiM7CL

夕方18時からはビアガルテンへ。ユリア夫婦がブリギッテへのお礼にと予約しておいてくれた。わたしは Ente を、ブリギッテは Schweinehaxse を食べる。

帰宅して庭の花々に水やりをして今日も終わる。

芝刈りと網戸の取り付け

2019年6月1日(土)・快晴/最高気温24度

8時起床。

6月は素晴らしいお天気で始まった。朝食のあとブリギッテは下
の部屋で UNI の勉強。

わたしは月曜日に続いて庭の芝刈りをする。シーズン始めにはできるだけ頻繁に刈ってやった方がいいらしい。

それが終わってからはひたすら DVD を観る。これは夕方まで掛かってやっと観終わった。

DVD を観続けて少し疲れた時間に冬の間外しておいた寝室の網戸を取り付ける。

夕食はテラスで魚料理。午後はほとんど座っていたから全くお腹が空いていなかったけれどおいしかった。

明日もまた素晴らしいお天気で、気温も今日よりずいぶん高くなるらしい。